文系中野昌宏〜あーいい人だけで国つくりたいなー〜

大和民族について
https://twitter.com/nakano0316/photo

 中野昌宏という文系が「あーいい人だけで国つくりたいなー」とつぶやいた。彼の行為に対して、俺は彼は彼の国家を彼自身で形成すべきであると審判した。以下で、俺は彼の発言行為の問題点について語ろう。

1章 中野昌宏とは?

 文系 中野昌宏とは、まともな論文を彼自身で書くことができない文系である。

 大和民族の文系はまともな学術論文を書くことができない。彼らの論文の大部分は論文の水準に達していない。

大和民族は中野昌宏を不要としている。もし彼が彼の国家を作りたいならば、大和民族は彼の意見に大賛成するだろう。なぜなら、中野昌宏は大和民族にとって不要な対象である。

文系の大学教員など大学からいなくなっても構わない。彼らはまともな審判能力を持っていないので、彼らは彼ら自身が不要であることすら認識できない。彼らの知性とは現実に対する審判でないので、彼らは彼らの肉体のデザインの劣等さや都市デザインの劣等さすら審判できない。

2章 中野昌宏は人間社会を形成できるか?

 憶測 中野昌宏は彼自身の人間社会すら形成できない。

 国家を形成するためには、小規模な社会を形成する必要がある。しかし、中野昌宏を含む大和民族の学者は小規模な社会、共同体すら彼ら自身で形成できない。彼らは大学の事務員にやってもらっている。

彼らはサッカーの授業中に立ちんぼするキモオタや窓際社員のようなものである。学問という魔法の単語を使用すると、彼らは授業中の立ちんぼが偉そうに振る舞うことが肯定される。もし彼らがいい人だけで社会を形成したいならば、彼らは日本国から独立できる。

3章 文系のゴミ論文

結論 文系は不要である。

 中野昌宏の行為を見た後、俺は文系の全ては不要であると審判した。理系にも問題が存在するが、文系は全く機能していない。文系の大学教員は英語を話せない英語教師と同じであり、彼らはまともな論文を書くことができない。

彼らが論文であると考えているのは、理系基準で見ると、論文でない。彼らは論文の水準に達していないゴミを製造してきた。大和民族の学者は彼ら自身の社会、アカデミアすら形成できないので、この種の文系のゴミ論文すら管理できないで、ゴミ論文を沸かせてきた。

 

タイトルとURLをコピーしました