【長崎】元不倫相手宅に放火した女に猶予付き有罪〜無職・山田摩美と潮海二郎〜

大和民族
https://ja.wikipedia.org/wiki/知恵の樹

 元不倫男性の家に放火した罪に問われた女の裁判員裁判で、長崎地裁は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。判決によりますと大村市の無職・山田摩美被告(42)は、今年1月、市内の元不倫男性の自宅の敷地に侵入し、縁台にあった薪の入った段ボール箱の中に火のついたローソクを置き、住宅の一部2平方メートル余りを燃やしました。潮海二郎裁判長は「男性の妻と子ども3人が寝ている深夜に放火し、逃げ遅れて死傷する危険もあった」と指摘。一方で「反省し、慰謝料200万円を支払い、夫が監督することを誓約している」などとして懲役3年、保護観察付きの執行猶予5年を言い渡しました。(求刑懲役5年)言い渡しのあと潮見裁判長がもう男性に会わないよう諭すと山田被告は「はい、守ります」と涙ぐみながら答えました。控訴はしない方針です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ed6f003d3e59f72cdf4221bc60c58e851d4cf3b3

 上記の審判に対して、日本人の一部は女性優遇であると審判した。彼らの考えに対して、俺もまたこの審判は女性優遇であると感じた。では、なぜ日本国の裁判は女性優遇になるのか?俺は以下で俺の憶測を提示する。

俺は法律的な事を知らないが、大和民族の法律関係者が彼ら自身の宗教を明らかにしないことは誠実でない。以下では、俺は宗教的な事を提示する。

1章 宗教の欠如

 理由 大和民族の法律関係者は彼ら自身の宗教を持っていないので、彼らは女性優遇を結果的に選択する。

 大和民族の法律関係者は彼ら自身の宗教を持っていないので、彼らは女性優遇を結果的に選択する。彼らは彼ら自身の宗教を持っていないので、彼らは男女平等が善であると判断できない。その結果、彼らは女性優遇を繰り返す。

1節 宗教と裁判

 もし彼らが自己の宗教、例えばキリスト教を持つならば、彼らは次のように審判する。男女平等は宗教的に善である。もし山田摩美が男性であったならば、山田摩美は(おそらく)実刑か今回の判決よりも重い判決を下される。

男女平等は宗教的に善であるので、山田摩美に対する今回の判決も実刑である。もし山田摩美が実刑でないならば、男性は実刑になるので、その判決行為は善なる男女平等に反する。したがって、山田摩美は実刑である。

もし彼らが自己の宗教に忠実であるならば、彼らは上記のように審判する必要がある(実際に、男性の場合実刑が適切かは不明である)。

2章 大和民族は潮海二郎の何を疑ってるか?

 認識 大和民族の日本国民は潮海二郎裁判長の信仰心、つまり潮海二郎裁判長が本当に男女平等を信仰しているかを疑っている。

 大和民族の日本国民は潮海二郎裁判長の信仰心、つまり潮海二郎裁判長が本当に男女平等を信仰しているかを疑っている。上記のような提示に対して、大和民族の法律関係者は法律知識を提示者に提示して、納得してもらおうとする。たとえ彼らがこの種の行為を繰り返すとしても、大和民族は納得しない。

なぜなら、大和民族は潮海二郎裁判長が男女平等(な判決)を本当に信仰しているかを聞きたい。要するに、ちんぽ騎士の話は法律の話よりも、平等を信じるかと言う宗教的な話である。結局、もし潮海二郎裁判長が男女平等を信じていないならば、彼は平等な判決を下そうとしない。

もし潮海二郎裁判長が男女平等を信じているならば、たとえ潮海二郎裁判長が今回の判決を下すとしても、大和民族は彼の判決をあまり疑わないだろう。結局、潮海二郎裁判長が平等な社会を信仰しているかが疑われている。

3章 解決案

 解決案 潮海二郎は彼の宗教を明らかにして、男女平等に沿って審判してきた事を証明する。

 潮海二郎は彼の宗教を明らかにして、男女平等に沿って審判してきた事を証明する必要がある。一見すると、法律及び憲法と宗教は互いに無関係に見える。しかし、宗教が与える性規範や平等が存在しないとき、彼らは女性に嫌われるのが怖いや白人と対峙するのが怖いと言う心理が作動する。

その結果、彼らは女性に甘い判決、ちんぽ騎士の判決や白人に甘い判決を出し続ける。この種の行為の原因は宗教の欠如、言い換えると人工的な自己の形成の欠如である。

タイトルとURLをコピーしました