選択する(choose)

広告
広告

1章 選択する(choose)

 共通認識 選択するとは、意志を持つ対象が対象の存在や状態や運動をその自由意志で取る(掴む)運動である。

 ここでの要点は義務的な意志でなく自由意志である。加えて、選択するには、目的や実現が必要とされない。何かを選択するためには、選択される何かがすでに存在していることが仮定される。

また、俺らが選択した後、対象の存在や状態や運動は自動的に運動する。選択の後の存在や状態や運動には、さらなる自由意志の存在が仮定されない。球を手から離した球の自由落下のように、対象の存在や状態や運動は自動的に運動する。

決定するという運動には、目的を達成するための(義務的な、または実現的な)意志の存在が必要である。目的は自動的には達成されない。一方、選択するの場合、俺らが何かを選択した時に、目的?が達成される。

タイトルとURLをコピーしました