東洋文明における人工半族(ethnic)

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝
広告

 人種や宗教や文明が異なるとき、人種(race)や小人種(subrace)や民族(sub-subrace)や人工半族(ethnic)に対する認識それ自体が異なる。つまり、西洋文明におけるraceは東洋文明における人種に等しくない。以下で、俺は東洋文明における人工半族(ethnic)を俺の認識に基づいて提示する。

広告

1章 人工半族(ethnic)

 共通認識 人工半族(ethnic)とは、小人種と人工物の組みである。

 人工半族(ethnic)=(小人種、人工物)である。人工物には、文明や文化、宗教や語族や服装、風俗が存在する。つまり、人工半族(ethnic)は生物的な事実でなく、生物的な事実と人工物や人工的な概念の組みである。

一方、民族は小人種の部分集合であった。そして、民族は人種や小人種と同様に生物的な事実であった。

2章 人工半族(ethnic)の具体例

 以下で、俺らは人工半族(ethnic)の具体例を見よう。その具体例には、ドイツ人やユダヤ教徒の白人、そして現代の自称漢民族が存在する。

1節 ドイツ人(語族)

 ドイツ・人工半族とは、人工半族の部分集合である。ドイツ人とは、ドイツ人工半族の要素である。人工半族は語族的人工半族である。ドイツ人工半族はドイツ語とキリスト教によって形成される。小人種は欧州小人種である。

2節 ユダヤ教徒の白人(宗教)

 ユダヤ人工半族とは、人工半族の部分集合である。ユダヤ人(ユダヤ白人)とは、ユダヤ人工半族の要素である。人工半族は宗教的人工半族である。ユダヤ人工半族はユダヤ教によって形成される。小人種は欧州小人種である。

3節 現代の自称漢民族(中華文明)

 漢・人工半族とは、人工半族の部分集合である。漢半人とは、漢・人工半族の要素である。漢・人工半族は文明的人工半族である。漢・人工半族は中華文明によって形成される。小人種は東洋小人種である。客家は「ここ」からである。

タイトルとURLをコピーしました