東洋文明における遠人種

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/ホモ・サピエンス
広告

 以下で、俺は遠人種に対する認識を提示する。ただし、以下における遠人種や遠種の単語の使用は一般的でなく、俺の造語である。

広告

1章 ホモ・サピエンス生物種

 共通認識 遠人種とは、〜遠種の部分集合である。

 〜の部分は未定である。〜遠種の部分集合には、サピエンス遠人種やネアンデルタール遠人種、エレクトス遠人種が存在する。遠種は生物的な事実であり、人工物でない。

また、遠種の遺伝的な分岐に必要は時間は現時点では不明であるように思える。あるいは、発生点がそもそも異なるかもしれない。

2章 〜遠種の遠人種の具体例

1節 サピエンス遠人種

 サピエンス遠人種とは、〜遠種の部分集合である。サピエンス人とは、サピエンス遠人種の要素である。

2節 ネアンデルタール遠人種

  ネアンデルタール遠人種とは、〜遠種の部分集合である。ネアンデルタール人とは、サピエンス遠人種の要素である。

3節 エレクトス遠人種

  エレクトス遠人種とは、〜遠種の部分集合である。エレクトス人とは、サピエンス遠人種の要素である。

タイトルとURLをコピーしました