殺人行為(murder)

言語
https://en.wikipedia.org/wiki/Death
広告

 東洋文明では、殺人行為は非礼、または無礼である。だから、その行為は悪い(レッドカード)。西洋文明では、殺人行為は罪である。だから、その行為は(レッドカード)。

以下で、俺らは殺人行為を認識しよう。当然、殺人行為は何であるかは文明や宗教の影響下に存在する。

広告

1章 殺人行為

 共通認識 殺人行為とは、人間が人間を殺す運動である。

 上記が成立するためには、人間に対する定義や認識が必要である。加えて、上記が成立するためには、殺すという運動に対する定義や認識が必要である。

当然、人間に対する認識や定義が文明や宗教に応じて異なる。だから、殺人行為に対する認識や定義も文明や宗教に応じて異なる。つまり、西洋文明における殺人行為と東洋文明における殺人行為と中東文明における殺人行為は互いに異なる。

2章 殺す(運動)

 共通認識 殺すとは、ある人間がある人間の生をその人間のに変化させる行為(運動)である。

 上記が成立するためには、人間に対する定義や認識、死にに対する定義や認識が必要である。もっというと、変化とは何であるかも必要である。

ここで述べたように、宗教や人種や文明が異なるとき、死や生に対する定義や認識も異なる。だから、だから、殺すという運動に対する認識や定義も文明や宗教に応じて異なる。つまり、西洋文明における殺すと東洋文明における殺すと中東文明における殺すは互いに異なる。

例えば、中東文明では、天国の存在が暗に仮定される。だから、中東文明では、殺すとは、ある人間がある人間の生をその人間の死(天国)に変化させる行為(運動)である。

タイトルとURLをコピーしました