国家(country)

文明
広告

 人種や宗教や文明が異なるとき、国家に対する定義や認識も異なる。だから、俺らは任意の場所で共通する国家に対する定義や認識を提示できない。

以下で、俺は国家に対する俺の認識を提示する。

広告

1章 国家

 共通認識 国家とは、自己の領土と自己の国家的人間と自己のの組みである。

  領土を集合と置く。国家的人間を要素と置く。法を決まりと置く。その時、国家は一つの競技家である。

自己の意味は次である。大和民族の日本国民の一部は日本国と米国を区別できない。その時、彼らは欧米では〜とキリスト教国家の状態を引用して、欧米の価値観を日本国に強制しようとする。

俺がこの種の大和民族を見る時、彼らは自己をそれ自体を認識できないので、自己の領土や自己の国家、そして、自己の法を認識できないと審判した。つまり、もし自己が存在しないならば、自己の領土や自己の国家的人間、自己の法が存在しないので、自己の国家も存在しない。国家が成立するためには、自己が必要である。

2章 国家の具体例

 以下で、俺は国家の具体例を提示する。

1節 国民国家(nation)

 国民国家とは、合法的領土と国民と民主的法律の組みである。合法的領土とは、国民が合法的に所有する土地である。国民とは、国籍を持つ人間である。民主的法律とは、選挙によって選択された統治者が作る法律である。

タイトルとURLをコピーしました