埋め合わせ(compensation)

言語
広告

 俺らが損害を他者に与えるとき、俺は損害に対する埋め合わせを実行する必要がある。一般的に、埋め合わせは損害と対になって考えられるように見える。以下で、俺は埋め合わせを提示する。

当然、人種や宗教や文明が異なるとき、何が埋め合わせであるかも変化するだろう。

広告

1章 埋め合わせ(compensation)

 共通認識 埋め合わせ(compensation)とは、損害を0にする正数である。

 上記の画像は埋め合わせの魚拓である。要するに、俺らが-100という損害を他者に与えるとき、俺らは+100という利益?を与えて、損害を相殺する。埋め合わせはある種の回復魔法である。

当然、俺らが損害を他者に与えた後、たとえ俺らが埋め合わせをするとしても、他者との関係が良好になるかは不明である。

また、埋め合わせには、手段(道具)が存在する。一般的には、埋め合わせの手段は金銭や富であるように見える。

2章 埋め合わせ(compensation)の具体例

1節 暴行行為

 ある人間が他の人間を殴った。そのとき、その行為は損害を他の人間に与える。だから、その人間は損害に対する埋め合わせを必要とする。

例えば、その人間が-100という損害と暴行行為で与えるとき、その人間は+100をお金で埋め合わせるように見える。

2節 殺人行為

 ある人間が他の人間を殺した。そのとき、その行為は損害を他の人間に与える。だから、その人間は損害に対する埋め合わせを必要とする。しかし、本人が自然界には存在しないので、本人に対する埋め合わせが家族などの「拡張された自己」が必要になる。

この場合、埋め合わせは難しい。現在でも、殺人行為に対する適切な埋め合わせは何であるかは分かっていない。

3節 名誉毀損

 ある人間がアメリカ大陸の多様性を賛美した。この行為はモンゴロイド人種に対する名誉毀損や侮辱である。いつくかの文明では、名誉毀損は他者への損害と認識される。だから、その人間は損害に対する埋め合わせを必要とする。

例えば、その人間が-100という損害と名誉毀損行為で与えるとき、その人間は+100をお金で埋め合わせるように見える。しかし、俺はこの種の埋め合わせを正当と認識しない。俺は欧州人やネグロイド人がアメリカ大陸をモンゴロイド人種に返却するという埋め合わせを要求する。

4節 借りたお金を返さない

 借りたお金を返さないことは契約違反であると見されるように思える。しかし、俺は借りたお金を返さないことは俺への損害である。だから、俺はその損害への埋め合わせを義務付けたい。

例えば、俺が100円借りて、返さなかった。その場合の埋め合わせは+100円である。ただし、一部の人間は心情的な裏切りを損害と認識するかもしれない。その場合、+100円+(+10円)=+110円で梅わせが必要になるかもしれない。

また、将来的な繰り返しの防止のために、罰金や罰が要求されるように思える。

タイトルとURLをコピーしました