平等(equality)

広告

 以下で、俺は平等を提示する。人種や文明や宗教が異なるとき、平等それ自体に対する定義や認識も異なる。社会が異なるとき、平等や公平、相互性に対する態度それ自体が異なる。

広告

1章 平等(equality)

 共通認識 平等(equality)とは、ある対象の状態が他の対象の状態に等しい状態である。

 一般的に、俺らがある対象の数や価値を扱うとき、俺らは平等を問題にする。あるいは、能力に対する報酬や権利が平等に関係する。上記では、俺は対象の存在や運動を用いなかった。

2章 平等(equality)の具体例

 以下で、俺は平等の具体例を提示する。ただし、数や給料が状態であるかは不明である。

1節 男女平等

 男女平等とは、男性の数が女性の数に等しい状態である。例えば、政治家における男女平等とは、女性政治家の数が男性政治家の数に等しい状態である。

2節 給料平等

 給料平等とは、ある人間の給料が他の人間の給料に等しい状態である。例えば、それは窓際社員の給料と社長の給料が等しい状態である。

3節 権利平等

 権利平等とは、ある人間の権利が他の人間の権利に等しい状態である。例えば、あるネグロイド人の米国民の選挙権は白人の米国民の権利に等しい。

タイトルとURLをコピーしました