公平(fairness)

広告

 以下で、俺は公平(fairness)を提示する。人種や文明や宗教が異なるとき、公平(fairness)それ自体に対する定義や認識も異なる。社会が異なるとき、平等や公平、相互性に対する態度それ自体が異なる。

広告

1章 公平(fairness)

 共通認識 公平(fairness)とは、対象の存在や状態や運動の価値がその対象に与えられる価値に等しい状態である。

 簡単にいうと、公平とは、ある対象の能力に見合った価値が与えられる状態である。価値が何であるかは不明である。しかし、一般的に、価値はお金や権力や職業的な地位、出世であるように見える。

2章 公平(fairness)の具体例

1節 男女公平

 男女公平とは、男女の存在や状態や運動の価値がその男女に与えられる価値に等しい状態である。例えば、もし男性の政治家がより高い能力を持つならば、男女の数は一致しなくても良い。

2節 給料公平

 給料公平とは、人間の存在や状態や運動の価値がその人間に与えられる価値に等しい状態である。例えば、ある社員の能力が他の社員の能力よりも高いならば、その社員の給料はより高い。

3節 評価公平(運動競技)

 評価公平(運動競技)とは、選手の存在や状態や運動の価値がその選手に与えられる価値に等しい状態である。例えば、ある選手が他の選手よりも高い能力を持ち、かつその能力を発現させるならば、その選手の給料はより高い。

タイトルとURLをコピーしました