知識(knowledge)

広告

 知識(knowledge)が何であるかは難しい。以下で、俺は知識(knowledge)を便宜的に提示する。俺が情報や記録や記憶に対する俺の認識を提示した後、俺は下記の書き直すだろう。

広告

1章 知識(knowledge)

 共通認識 知識(knowledge)とは、対象に対する他者の過去の「対応づけ行為及び審判行為及び認識行為及び判断行為」に関する情報である。

 日常的には、知識とは、他人の考えである。過去の人々は世界を捉えて、彼らはその世界を実況したり、審判したり、認識してきた。さらに、彼らは善悪の判断を下してきた。

そのとき、彼らは彼らの行為を音声や文字として記録してきた。その記録が知識である。ここでの要点は、知識とは、他人の認識や判断であることである。だから、たとえ俺らが知識を消費するとしても、俺らは実際の状態に対する審判能力や認識能力を持つとは限らない。

対応づけ行為とは、人間が対象を文字や音声に対応づける行為である(電飛)。つまり、過去のある人間が対象と文字や音声と対応づける。そのとき、その文字や音声の情報が知識である。

2章 知識(knowledge)の具体例

1節 名前に関する知識

 名前には、人間の名前や国家の名前が存在する。人間の名前や国家の名前は知識である。過去の人間が人間と文字や音声を対応づけた。過去の人間が国家と文字や音声を対応づけた。

2節 歴史に関する知識

 歴史オタクは歴史に関する知識を持っている。しかし、彼らは歴史それ自体を認識できない。このとき、俺らは歴史それ自体と歴史に関する知識を区別することができる。

歴史とは、「自己の文明に対する人間の実際の過去の存在及び状態及び運動」に関する記録と「(省略)」に関する審判と「(省略)」に関する判断の組みである。

それに対して、歴史知識とは、ホモ・サピエンス(の存在及び状態及び運動)に対する他者の過去の「対応づけ行為及び審判行為及び認識行為及び判断行為」に関する情報である。

タイトルとURLをコピーしました