対応(Correspondence)

言語
広告

 以下で、俺は対応(Correspondence)を提示する。日常的には、対応と関係は非常に似ている。しかし、対応は応答という意味を持つ。そのため、電話対応という使用されている。電話関係とは呼ばれない。また、人間関係は使用されるが、人間応答は使用されない。

日常的には、応答は動的な運動である一方、関係は静的な状態である。ただし、応答は決まりきった動的な運動であるので、ある種の関係や規則的な印象を持っている。

広告

1章 対応(Correspondence)

 共通認識 対応(Correspondence)とは、決定された関係である。

 対応(Correspondence)とは、決定された関係である。関係(relation)とは、2つ以上の対象の存在や状態や運動の間に存在する状態である。具体的には、対応とは、決定された「2つ以上の対象の運動の間に存在する状態」である。

決定するとは、意志を持つ対象が、ある対象が実現させる対象の存在や状態や運動を彼らの意志で選択する運動である。決定とは、彼らの意志で選択された目的である。言い換えると、決定とは、彼らの意志で選択された(ある対象が実現させる)対象の存在や状態や運動である。

つまり、対応とは、日常的には、人間によって決定された状態である。その状態は2つ以上の対象の運動の間に存在する。決定されたの他には、固定されたや同じように繰り返されるが存在する。

2章 対応(Correspondence)の具体例

 以下で、俺は対応(Correspondence)の具体例を提示する。上記でも述べたが、対応は動的であり、規則的である。それに対して、関係は静的であり、自然な状態である。

1節 電話対応

 電話対応は広義での対応である。例えば、客による電話という入力が存在する時、受取手はその入力に対して組織の決まり沿って、適切に応答する。この時、客と受け取りとの間には規則的な何かが存在する。

だから、電話応答は電話関係でなく、応答である。電話関係の場合はすでに存在しているのか、または応答の不適切さのために悪化している。

2節 地球表面と地図との対応

 地球表面と地図との対応は関係よりも対応に近い。なぜなら、もし地球表面と地図との対応が関係であるならば、その関係は規則を持たない。その時、俺らは地球表面と地図との対応を自由に描ける。

しかし、その場合、自由に書かれた地図は正確でない。その状態はもし俺らが地球表面を正確に表現したいという目的を持つならば、その目的に反する状態である。だから、俺らは地図を描くときに規則に沿って描く必要がある。だから、地球表面と地図との対応は関係でなく、対応である。

タイトルとURLをコピーしました