関係(relation)

言語
広告

 以下で、俺は関係(relation)を提示する。関係が何であるかは非常に難しい。現時点で、俺は関係の便宜的な認識を提示する。

広告

1章 関係(relation)

 共通認識 関係(relation)とは、の2つ以上の対象が何かを対象の間や対象の存在や状態や運動の間に持つという性質である。または、関係とは、ある対象が別の対象へのある対象の存在や状態や運動を持ち、かつ別の対象がその対象への別の対象の存在や状態や運動を持つという性質である。あるいは、関係とは、2つ以上の対象が向きを持つという性質である。

 関係(relation)とは、の2つ以上の対象が何かを対象の間や対象の存在や状態や運動の間に持つという性質である。または、関係とは、ある対象が別の対象へのある対象の存在や状態や運動を持ち、かつ別の対象がその対象への別の対象の存在や状態や運動を持つという性質である。関係とは、2つ以上の対象が(同種の)向きを持つという性質である。

また、2つの対象同士の間に存在する関係も関係と認識する。対象の存在や状態や運動は対象それ自体に対して与えられてきた。それに対して、関係は対象達の間に与えられる。関係は対象それ自体よりもむしろ、対象の存在や状態や運動に並べられる(比較される、または)何か(性質)である。

関係が間それ自体であるのか、間が関係の一種であるのかは不明である。あるいは、関係とは、間の上に認識されるのかも不明である。間は存在の一種であるのかもしれない。

2章 関係(relation)の具体例

 以下で、俺は関係(relation)の具体例を提示する。

1節 人間関係

 人間関係の関係が最も代表的な関係である。人間関係とは、ある人間と他の人間の間に存在する。人間関係とは、人間と人間の間に存在する関係である。

人間関係には、親子関係や男女関係が存在する。親子関係が子供とその両親の間に存在する。父子関係とは、父と子供の間に存在する関係である。男女関係が男と女の間に存在する。男女関係とは、男と女の間に存在する関係である。

2節 地球表面と地図の関係

 例えば、俺が地図を作成する時、俺らは地球表面と地図との関係を認識する。その関係とは、地球表面と地図の間に存在する関係である。地球表面における位置関係や比が地図の上でも保存されていてほしい。

もし俺らが地球表面の様子を地図へと正確に写しとりたいならば、その関係は関係よりも対応や写像(mapping)に近いだろう。しかし、俺らはここではそれを広義の関係と認識する。

3節 単語同士の関係

 例えば、俺らが男性を定義したい。その時、俺らは「Man is a human who has a penis.」と定義する。この時、俺らはManという単語とhumanという単語を関係づけている。これは2つの対象同士の関係である。

4節 等号関係

 2つの対象aとbを思い浮かべる。対象aの大きさが対象bの大きさに等しく、対象bの大きさが対象bの大きさに等しい。このとき、俺らはその性質を対象aとbの等号関係と呼ぶ。

「〜に等しい」の “に” や “等しい” が何であるかは不明である。”に” は方向であるように見え、”等しい” は日常的な意味での状態であるように見える。

ただし、対象の大きさの「大きさ」が状態であるので、この場合の関係とは、状態に対する腕の方向が「に」であり、「等しい」が対象の状態間の関係である。

5節 恋愛関係

  2つの対象aとbを思い浮かべる。対象aが対象bを愛して、対象bが対象aを愛する。このとき、俺らはその性質を対象aとbの恋愛関係と呼ぶ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました