カオナシ(顔なし)〜自己を認識しない対象〜

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/千と千尋の神隠し
広告

 俺らがホモ・サピエンスの行為を観察する時、俺らはある種のホモ・サピエンスは彼ら自身、つまり自己それ自体を認識できないと感じる。その結果、彼らは彼ら自身の意見と白人の意見を区別できないので、彼らは彼らの意見を白人視点で提示してきた。この時、俺らは一つの名前をこの種の動物に与える必要があると審判する。

なお、ここでは、俺らは鏡像認知とカオナシを区別する。たとえある対象が鏡像認識を実行することができるとしても、その対象が自己を必ずしも認識できる対象ではないように見える。自己を正確に認識することは非常に高度な知的能力の一種である。

広告

1章 カオナシ(顔なし)

 共通認識(対象) カオナシとは、自己を認識しない対象である。

 カオナシとは、自己を認識しない対象である。注意点として、カオナシとは、自己を認識できない対象でない。カオ能ナシとは、自己を認識する能力を持たない対象である。ある条件が自己を認識する能力を妨げている時、俺らはその条件の下に存在する対象をカオ能無しと呼ばない。

1節 具体例(物質)

 俺らは物質は自己を認識しない対象であると認識する。上記の共通認識により、カオナシとは、自己を認識しない対象である。物質とカオナシの右辺?は互いに等しい。文の右辺が等しいとき、左の単語が互いに仁と仮定すると、物質はカオナシである。

2節 具体例(動物)

 俺らは動物は自己を認識しない対象であると認識する。上記の共通認識により、カオナシとは、自己を認識しない対象である。動物とカオナシの右辺?は互いに等しい。文の右辺が等しいとき、左の単語が互いに仁と仮定すると、動物はカオナシである。

2章 カオナシの行為

 脳の運動 もしある対象がカオナシであるならば、その対象は自己の対象yを認識しない対象である。

 もしある対象がカオナシであるならば、その対象は自己の対象yを認識しない対象である。カオナシとは、自己を認識しない対象である。もしある対象が自己を認識しない対象であるならば、その対象は自己の対象yを認識しない対象である。

この時、俺らは自己を自己の対象yに変化させて良いのか疑問に感じる。たとえある対象が自己を認識しない対象であるとしても、その対象は自己の対象yを認識する対象であるかもしれない。なぜなら、自己は自己の対象yそれ自体でない。

現時点では、俺は自己から自己の対象yへの変形の可能性を正当化できない。だから、俺らは変形できると仮定して、俺らは上記の脳の運動の正当性を信仰する。

 自己の対象xAの具体例には、自己の意見や自己の視点や自己の宗教や自己の文明や自己の歴史が存在する。つまり、もしある対象がカオナシであるならば、その時、その対象は自己の意見や自己の視点や自己の宗教や自己の文明や自己の歴史を認識しない対象である。

タイトルとURLをコピーしました