対象(object)の運動(motion)について

言語
広告

 以下で、俺は対象の運動を提示する。なお、俺は運動がmoveであるか、motionであるかを審判できなかった。

広告

1章 対象の運動

 俺の認識 対象の運動とは、対象や対象の存在状態がその対象やその対象の存在状態に等しくないという性質である。

 対象の運動とは、対象や対象の存在や状態がその対象やその対象の存在や状態に等しくないという性質である。正確には、対象の運動とは、対象や対象の存在や状態がその対象やその対象の存在や状態に等しくないという(対象間の)関係である。関係とは、存在と状態と運動に並べられる第四の性質である。

なお、上記は既に完了した運動に関する認識である。もし俺らがある対象の運動を今から未来へと人為的に引き起こすならば、「その対象やその対象の存在や状態」は未確定である。だから、その時、俺らは対象や対象の存在や状態それ自体が変化するだろうとしかわからない。

1節 物体の運動

 物理学では、物体の運動とは、物体の位置の変化であった。俺らが位置を一つの状態であると認識するとき、俺らは物体の運動を次のように捉えることができる。対象の運動とは、対象の位置がその対象の位置に等しくないという性質である。

俺らは現在の物体のみを知覚できる。だから、俺らは現在の物体の位置を俺らの記憶の中の過去の物体の位置に対応させる。そのようにして、俺らは物体の運動を把握している。

つまり、物体の運動とは、物体(対象)の現在の位置が対象の過去の位置に等しくないという性質である。または、対象の過去の位置が物体(対象)の現在の位置に等しくないという性質である。

タイトルとURLをコピーしました