集合(set)について

言語
https://en.wikipedia.org/wiki/Wolf
広告

 以下で、俺はこの宗教における集合を提示する。対象達の集合は状態である。状態とは、ある対象が対象aを持つという性質である。

対象達の集合とは、ある対象が対象aを持つという性質である。その対象aとは何であるのだろうか?

広告

1章 集合(set)

 俺の認識 ある対象の集合とは、その対象が所属性を持つという性質である。

 対象の存在とは、ある対象が(別の)対象に所属するという性質であった。ある対象が(別の)対象に所属するとき、俺らは「その対象は所属性を持つ」と約束する。

状態とは、ある対象が対象aを持つという性質であった。だから、「その対象は所属性を持つ」は一つの状態である。そして、俺らはこの状態を集合と呼ぶ。

言い変えると、集合とは、所属性を持つ状態である。ある対象の状態とは、ある対象が(別の)対象を持つという性質である。代入すると、集合とは、所属性を持つ「ある対象が(別の)対象を持つという性質」である。

俺らが別の対象を持つを所属性を持つで置き換えるとき、集合とは、ある対象が所属性を持つという性質である。この宗教では、俺らは上記の集合を認識する。

 なお、所属すると所蔵性は異なる。ある対象の存在を仮定するとき、その対象は別の対象に所属する。所属は変化を持たないので、所属(または所属する)は運動(または動詞)でない。存在に関する何かである。

俺らがある対象が別の対象に所属する時、俺らはその対象が新たな対象を持つを認識する。それが「所属性」である。日常的には、所属性はある対象が別の対象に所属”している”と現在進行形で表現されるだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました