目的(purpose)〜主体または対象が実現する対象、または対象の存在や状態や運動〜

広告

 以下で、俺は目的に対する俺の認識を提示する。

広告

1章 目的(purpose)

 共通認識 目的とは、主体または対象xが実現する対象、または対象の存在や状態や運動である。

 目的とは、主体または対象が実現する対象、または対象の存在や状態や運動である。つまり、目的とは、一種の対象や存在や状態や運動である。

日常的には、実現するとは、人間がある存在や状態や運動を人間の意志で実際に引き起こす行為である。実現するという運動は別のページで別途に提示する。

目的は自然界には存在しない。日常的には、人生の目的も人生の意味も自然界には存在しない。だから、人間がそれらを人工的に創造する必要がある。

1節 具体例

 例えば、俺がアメリカ大陸をモンゴロイド人種のための取り戻したいとする。その時の目的とは、俺がアメリカ大陸を取り戻すという行為である。その取り戻す行為を行為xと置く。行為は運動である。

その時、その目的とは、俺が実現する行為xである。日常的には、その目的とは、俺が実現するだろう行為xである。

2章 目的と正当性

 俺の推論 もしxが目的であるならば、xは正当性を対象や対象の存在や状態や運動に与える対象である。

 もしxが目的であるならば、xは正当性を対象や対象の存在や状態や運動に与える対象である。正確には、もしxが目的であるならば、xは正当性を主体や主体の存在や状態や運動、または対象や対象の存在や状態や運動に与える対象である。

日常的には、目的は正当性を与える。つまり、何が正当であるのかは目的によって与えられる。詳細な証明は別途に実現する。正当性と実現行為はおそらく関係するので、上記の推論が善であるように現時点では感じる。

1節 食事行為

 何を食べるのが善か悪であるかは、食事行為の目的によって与えられる。例えば、もし俺らが身長を伸ばしたいならば、肉食とカルシウムの摂取は善である。

もし俺らが健康に生きたいならば、それらを摂取することは善でない。上記でも述べたが、目的は自然界には存在しない。だから、医者は食事行為の正当性を扱う能力を持たない。

医療行為の正当性はその目的によって与えられる。そして、その目的は宗教や文明によって人工的に与えられる。

2節 言語学習

 言語学習の正当性は学習の目的によって与えられる。言語も数学も歴史も無限にあるように見える。だから、何が正しい学習であるのかは、その目的によって与えられる。

例えば、英語で商売をしたいのか、英語の試験だけを通過したいのか。それによって学習法が異なる。学者になりたいのであれば、英語ペラペラよりも業績をより優先する必要がある。俺の印象では、学者の大部分は米国の一流企業で出世するための英語を知らない。別にそれで問題ない。

もし俺らが英語学習の目的を設定せずに、英語を勉強するならば、英語の学習はいつまでも終了しない。そして、英語を話せないが、知識を持つ人々ができあがる。

タイトルとURLをコピーしました