約ナシ〜約束それ自体を認識しない動物〜

言語
https://www.excite.co.jp/news/article/Ncn_353113/
広告

 俺らがホモ・サピエンスの行為を見ると、俺らは彼らの一部は約束自体を認識していないと審判する。この種のホモ・サピエンスの数は一つでない。俺らは名前を彼らに与える必要がある。

広告

1章 約ナシ

 共通認識 約ナシとは、約束それ自体を認識していない対象である。

 約ナシとは、約束それ自体を認識していない対象である。または、約ナシとは、約束それ自体を認識しない対象である。約束とは、他者との決定である。

だから、約ナシとは、他者との決定を認識していない対象である。他者を認識していない、または決定それ自体を認識していない。

約束とは、目的の選択である。約ナシは目的、または選択を認識していない。

1節 具体例(物質)

 物質は約ナシである。物質は、約束それ自体を認識していない対象である。なぜなら、物質は他者を認識していない。物質は決定それ自体を認識していない。

2節 具体例(動物)

 動物は約ナシである。動物は約束それ自体を認識していない対象である。なぜなら、動物は他者を知覚するが、認識していない。動物は決定それ自体を認識していない。

2章 約ナシの行為

 以下で、俺は約ナシの行為を提示する。

1節 真理で動かす

 約ナシは他人を真理で動かそうとする。他人が真理で動かない時、彼らは愚痴や不平不満、捨てセリフを吐く。サッカー選手が観客の真理でなく、サッカーのルール、つまり約束に沿って、運動するように、人間は法律や統治者の発言、つまり約束に沿って運動する。

2節 説明で約束破棄

 約ナシはお金を返さない。なぜなら、彼らはもし彼らが事情を説明すれば、相手はその説明に納得してくれると期待する。さらに、彼らはもし相手が彼らの説明を理解したならば、彼らはお金を返さなくて良いと感じる。具体的には、科学とはすぐには役に立たない。

3節 同じ人種や民族だから

 約ナシはお金や救助行為を同じ人種や民族に約束ナシで期待する。上記の菊池誠やホモ・サピエンスの雌、そして中間種はなぜか日本人に約束ナシで助けてもらえると無意識的に感じているように見える。しかし、俺らは彼らと彼らを助ける約束を一切していないので、俺らは彼らを助ける必要はない。

 

タイトルとURLをコピーしました