憲法学者の木村草太や憲法研究はいらなく役立たずで、無価値で不要か?〜胡散臭い馬鹿ばかり?〜

大和民族
https://www.chunichi.co.jp/article_photo/
広告

 俺が木村草太の発言を見た後、俺は憲法学者や憲法研究は完全に不要であると審判した。さらに、木村は憲法や法律それ自体の意味を把握できない。正確には、木村草太は法律や宗教や文明の意味を把握できない。

その状態は性行為の意味を把握できない性的に搾取されているキッズ・アイドルと同じである。以下で、俺は木村草太の滑稽さと憲法研究や憲法学者の不要性を提示する。

広告

1章 木村草太の滑稽さ

 俺の審判 木村草太は彼の研究対象である憲法の意味を把握する能力を持っていない。

 木村草太は憲法の意味それ自体を把握できない。木村草太は憲法を研究してきたらしいが、彼は自分の研究の意味を把握できていない。だから、彼の人生は時間の無駄である。正確には、木村は宗教や文明の意味それ自体を把握できないので、彼は憲法の意味も把握できない。

日本国憲法はキリスト教やユダヤ教の宗教的な概念によって書かれている。実際、日本国憲法を書いたのは、ユダヤ教徒の白人女性のシロタであったらしい。この行為の意味とは、彼女はキリスト教やユダヤ教的な価値観を非キリスト教徒の大和民族に押し付けたことである。

つまり、日本国憲法は宗教的な正当性を一切持っていない。これは卓球選手がサッカーのルールを押し付けられている状態である。サッカーのルールによる罰、つまり「罪」の概念による罰は東洋文明において正当性を持たない。

 上記の話はユダヤ教徒のイスラエル国民やイスラム教のサウジアラビア国民が仏教の法によって罰されているような状態である。もしその状態が実際であったならば、その時、革命や政府転覆工作が実際に起きるだろう。なぜなら、仏教の法によるユダヤ教徒やイスラム教徒への刑罰は彼らへの正当性を持たないので、死刑は刑罰でなく、単なる殺人行為である。

木村は憲法を研究してきたらしい。しかし、彼はキリスト教徒ですらない大和民族はキリスト教的な罪の概念によって罰されていることの異常性を認識できていない。なぜなら、彼は宗教や文明、法律、法の正当性それ自体を認識できていない。普通の人間は憲法を研究する前に、次のように思うだろう。

「なぜ俺らが耶蘇教でないのに、俺らは東洋文明における礼でなく、耶蘇邸な罪によって罰されているのか?」

日本国憲法など、東洋文明において正当性を持っていない。だから、大和民族にとって日本国憲法は単なる紙くずである。卓球選手がサッカーのルールを守る必要がないように、東洋文明における東洋人はキリスト教憲法など守る必要はない。

 けれども、木村草太は憲法は守るもの、法律は守るものといった幼稚な価値観しか持っていないので、憲法の意味を把握できない。あるいは、木村にとって憲法とは、呪文を唱えれば、相手が先生といってひれ伏してくれる何かでしかない。

2章 憲法研究と憲法学者の不要性

  俺の認識 憲法研究と憲法学者は不要である。

 憲法研究と憲法学者は不要である。上記でも述べたが、日本国憲法は東洋文明における正当性を持っていない。木村草太が耶蘇憲法を研究することは卓球選手がサッカーを競技しながら、サッカーのルールを研究する行為である。

この種の喜劇的な行為に、税金や学問的な自由、保護は不要である。実際、彼の研究は時間とお金の無駄である。また、憲法研究は白人が製造した情報を研究という名で乞食しているだけである。フィリピン人が白人にiphoneを作ってもらって、それを研究する。

日本人の農家が農作物を作って、木村草太がそれを研究する。そして、シロタという白人女性が憲法や法律を作って、木村がそれに金銭的かつ情報的に乞食して「研究」する。彼らは白人が何かを作ってくれるまで、じっと待っている。

 白人が何かを製造した後、彼らは大和民族のお金に乞食して、白人の情報に乞食する。そして、彼らは乞食した情報、それは高級ワインを飲んだことに似ている、その情報で乞食先の大和民族にマウンティングを仕掛ける。

3章 結論

 結論 木村草太も憲法学者も憲法研究も不要である。

 木村草太も憲法学者も憲法研究も不要である。耶蘇憲法には、研究する価値も意味もない。もっというと、木村だけでなく、日本国憲法それ自体が不要である。

なぜなら、俺らはキリスト教徒でないので、罪の概念によって罰される状態が正当でない。木村は宗教それ自体を認識できないので、彼は宗教から導かれる法律や憲法の意味を把握できない。

 

タイトルとURLをコピーしました