向き(direction)

言語
広告

 以下で、俺は向き(direction)を提示する。そのとき、俺はdirectionとorientationと方向と向きを区別しない。なぜなら、俺はそれらの単語の違いを現時点で認識していない。

広告

1章 向き(direction)

 俺の認識 向きとは、対象または、対象の存在や状態や運動が持つ順序である。

 向きとは、対象または、対象の存在や状態や運動に与えられる順序である。正確には、対象達、または対象達の各存在や各状態や各運動に与えられる順序である。一般的に、順序は数で表現される。

幾何学的には、向きは矢印やベクトルで表現される。しかし、この宗教では、向きは宗教的に単なる順序で表現される。その順序は、対象それ自体や対象の存在や状態や運動に与えられる。

俺らは順序を対象の状態と仮定する。対象が順序を直接的に持つのか、運動それ自体が順序を持つのかは不明である。

1節 時間順序

 2つの順序を2つの対象に与える。そのとき、対象1と対象2が認識される。1から2へという順序を仮定するとき、対象の向きは対象1から対象2である。

2節 空間順序

  2つの順序を2つの位置に与える。そのとき、位置1と位置2が認識される。1から2へという順序を仮定するとき、位置の向きは位置1から位置2である。

3節 運動順序

 ある対象が別の対象を愛する。対象を1と置き、別の対象を2と置く。そのとき、運動の順序は対象から別の対象である。

タイトルとURLをコピーしました