本質(essence)について〜対象それ自体に一対一に唯一に対応する存在や状態や運動〜

言語
広告

 以下で、俺は本質(essence)を提示する。俺らが対象の存在や状態や運動を指定して、対象それ自体を召喚したいとき、俺らは対象の本質を必要とする。

漫画「ナルト」の召喚獣の召喚を思い出すとき、なんとなく想像できるかもしれない。間違った召喚を実行しないために、俺らは対象それ自体を一対一に唯一に指定する必要がある。また、隠れた背景として、俺らは対象それ自体を知覚できないので、俺らは対象の存在や状態や運動を通して、対象それ自体を捉えているという背景が存在する。

広告

1章 本質(essence)

 俺の認識 対象の本質(essence)とは、対象それ自体に一対一に唯一に対応する対象の存在や状態や運動である。

 対象の本質(essence)とは、対象それ自体に一対一に唯一に対応する対象の存在や状態や運動である。目的が存在や状態や運動であったように、対象の本質もまた存在や状態や運動である。

印象的な例えでは、対象を棚と仮定して、対象の性質(存在や状態や運動)を棚の引き出しと仮定する。そのとき、対象の本質とは、棚に一対一に唯一に対応する引き出しである。つまり、もし俺らがある引き出しを指定するならば、その指定に沿って、ある対象が唯一に召喚される。

それが対象の本質である。注意点として、対象の本質は対象それ自体でない。この宗教では、俺らは対象それ自体を把握する能力を持っていると必ずしも仮定しない。

1節 創造主(具体例)

 創造主とは、自然界を創造した対象である。創造主の本質とは、自然界を創造したという運動である。俺らがその運動を指定するとき、俺らはその対象を一対一に唯一に召喚することができる。もし一神教であるならば。

2節 人間(具体例)

 例えば、人間の形は人間の本質でない。なぜなら、たとえ俺らが人間の形を指定するとしても、俺らは人間それ自体を召喚できない。人間の形をもつロボットや彫刻、そして人形が召喚される。つまり、人間の形は人間の本質でない。

タイトルとURLをコピーしました