河野銀子とwillyoes〜理系の男女格差が縮まらない日本の問題点と教育環境のジェンダー平等を進めてきた欧米に見ならい、小中高の教育の変革を〜

大和民族
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/21370
広告

 河野銀子というジェンダー学者もどきは「欧米に見習いなさい」と朝日の記事で書いた。以下で、俺は彼女の行為の問題点を “契約相手の立場” から提示する。大和民族の学者は未開であり、契約の概念それ自体を認識できないので、学生や国民を客でなくまるで部下のように扱う。

また、俺はこの学者もどきの論文を検索したが、ほとんどが日本語の論文であり、まともな英語を論文を書いていない。たとえ彼女が英語論文を書くとしても、彼女の論文は大和民族以外に引用されていないように見える。彼女は契約相手にきちんとした情報を公開すべきである(電飛)。どのような査読システムで査読しあってるかすら不明瞭である。

文系の学者は自己の業績を他人にきちんと提示せずに、隠そうとする。彼らは業績のなさに対する批判を批判して、業績のなさを隠蔽しようとする。これは契約相手に対する侮辱である。なお、willyoesは炎上したらしいが、彼の発言は正しいだろう。willyoesと上記の真木が同一人物であるかは完全に不明である。

広告

1章 河野銀子の人間的な問題点

人種的な侮辱が多い

教育環境のジェンダー平等を進めてきた欧米に見ならい、小中高の教育の変革を

https://webronza.asahi.com/science/articles/2020110400003.html

 河野は欧米に見習い、ジェンダー教育をせよと主張している。しかし、この種の日本は遅れていて、欧米は進んでいるという表現は単なる有色人種への人種的な侮辱である。本来であれば、彼女は人種的な侮辱に関して厳しく罰されるべきである。

彼女の税金は色付きに依存しているにも関わらず、彼女はその有色人種を完全に人種的に侮辱している。この行為は俺が朝鮮人のお金に依存しながら、朝鮮社会は遅れている、欧米社会に学べと行っているような状態である。

河野銀子は自己の人種的な劣等感を日本社会へと投影させて、有色人種を人種的に侮辱している。この種の行為は決して許されない。結局、彼女は日本社会は遅れている、欧米は進んでいると主張するとしても、彼女らは日本人男性に守ってもらい、白人との対峙を回避しようとする。だから、彼女らは日本人や日本国に損害を与えるような侮辱的な発言を何回も繰り返す。

私怨で動く

 河野銀子は欧米を見習いなさいと言った後、彼女は延々とキリスト教の白人社会を引用してきた。そして、彼女は日本は遅れている、白人は進んでいると主張してきた。一般的に、この種の行為は出羽守と呼ばれている。

その心理は、白人になれない “腹いせ” と “八つ当たり” と “ヒステリ”である。この種の女性、時に男性はモンゴロイド人種としての醜い容姿や人種的に侮辱されるモンゴロイド人であることが嫌である。そして、彼女らは心底白人になりたがっている。でも、なれない。

だから、彼らは学問やジェンダーを通して、契約相手を遅れていると人種的に侮辱する。この種の行為はもはや学問でなく、単なる人種的な侮辱や中傷である。彼女らは腹いせや八つ当たり行為を悪(レッドカード)とするようなルールを契約相手にきちんと提示して、そのルールに沿って動け。

 白人の真似をしても白人になれないが、そのことが明らかになると、なぜかヒステリを引き起こして、八つ当たりを “日本人男性” にしようとする。この種の行為は侮辱や中傷や嫌がらせとして厳しく罰されるべきである。

契約相手の存在の欠如と乞食

 河野銀子は女性研究者の数を増加させろと主張した。しかし、彼女は契約相手のことを一切考えていない。最も重要なことはその女性研究者たちが借りたお金をきちんと返す能力を持っているかである。

河野銀子はお金の概念や契約の概念を持っていないので、河野銀子は契約相手の存在なしに、白人の真似をして、女性研究者の数を男と同じにしようとしている。しかし、この種の行為は契約相手から見ると、単なる乞食行為でしかない。要するに、男性と同じじゃないと嫌!。お金と地位を寄越せと言っているようなものである

河野銀子は他人のお金をお小遣いやプレゼント、布施と勘違いしている。女性研究者も男性研究者のほとんどもいらないので、彼女が主張すべきことは男性研究者と女性研究者の全てを解雇して、男女平等にせよである。

白人様
白人様

 大和民族の学者は学者でなく、「乞食」である。彼らは白人の価値観や彼らの真理を主張すれば、うまくいかなければ白人に叱ってもらえれば、お金を乞食できると完全に錯覚している。そんなんじゃ、約束は成立しない。

2章 河野銀子の宗教的な問題点

ジェンダーとキリスト教

 日本には欧米の学校で行われてきたジェンダー格差を是正する教育活動が圧倒的に足りない

https://webronza.asahi.com/science/articles/2020110400003.html?page=2

 河野銀子は欧米、その意味は美男美女の白人を引用してきた。そして、彼女は決め台詞として、日本国は欧米を見習えと説教してきた。しかし、欧米はキリスト教社会である。

彼女の発言とは、日本人は白人になりなさい、日本人はキリスト教になりさないと言っているような状態である。彼女は宗教や文明や人種が異なるとき、性別に対する視点それ自体が異なることを認識できない。男女平等の平等とは、創造主の下では皆平等から来ている。

だから、西洋キリスト教社会では、男女平等が真理である。それに対して、東洋文明では、東洋人はイエス・キリスト教を信じていないので、彼らは男女平等に賛成する必要がない。この宗教や人種や文明の違いが男性と女性の比率の違いになっている。河野銀子は宗教それ自体、文明それ自体を認識できないので、彼女は東洋と西洋の違いも認識できない。

引用ばかり

 河野銀子は欧米の引用ばかりで、自己の意見を決して提示しようとしない。彼女は欧米を引用すれば、自分の意見を正当化しなくても、相手が欧米の意見にひれ伏してくれると錯覚している。彼女の行為はイタコや白人の霊言と同じである。この種の行為は学者としてふさわしくない。

もし日本人が白人の意見に反対するならば、彼女はその反対を白人男性にチクって、日本人男性を叱ってもらおうとする。あまりの幼稚さに驚かされる。学者ならば、自己の意見を提示して、論理と数理で正当化せよ

3章 解決案

分裂

 俺は日本国や大和民族の分裂を提示したい。俺は河野は自己の国家を彼女自身で作れば良い。俺は彼女もキリスト教も学者も必要としない。たとえそれらが明日消え失せるとしても、俺は困らない。

刑罰

 もし河野銀子が人種的な侮辱を繰り返すならば、彼女は刑罰に課せられるべきである。たとえば、アメリカ大陸の多様性は俺らモンゴロイド人種の虐殺の結果であり、それを賛美することはホロコーストや黒人奴隷の賛美に等しい。

タイトルとURLをコピーしました