善と悪

言語
https://unsplash.com/photos/5YuVGW2deMw
広告

 以下では、俺は善と悪を提示するつもりである。俺が善悪をサッカーにおけるレッドカードに結びつけるとき、俺は善悪を感覚的に把握することができるようになる。

広告

善と悪

 俺の認識 善とは、ある主体がその意志(力)で実現する存在や状態、または運動である。

 口語的には、善とは、ある主体がその意志で実現すべき存在や状態、または運動である。この「すべき」は義務である。この義務は約束によって授けられる。ここでの意志は実現意志である。

また、善は目的に関係する。例えば、もしサッカーの試合の目的がゴールを決定することができるならば、ゴールを決定することは善である。なぜなら、その行為は目的に沿っている。目的もまた主体が実現すべき状態である。

 俺の認識 悪とは、ある主体がその意志(力)で実現しない存在や状態、または運動である。

 口語的には、悪とは、ある主体がその意志で実現すべきでない存在や状態、または運動である。この「すべきでない」は義務である。この義務は約束によって授けられる。ここでの意志は実現意志である。

悪はしばしば目的に反する存在や状態や運動であると認識される。サッカーにおけるハンド行為は悪い。これはもしその行為が悪くないならば、サッカーの試合それ自体が破壊される。その破壊はゴールを決定する目的に反する。だから、その行為は悪い。

性質

性質

 俺の認識 善は自然界には存在しない。悪は自然界には存在しない。

 上記は善悪の性質である。経験的には、善悪は自然界には存在しない。たとえ俺が自然界の全てを明らかにするとしても、俺は善悪を自然界の中に発見することができない。だから、俺は善悪を無から人工的に創造する。

正当性

 俺の認識 x系統の善とx系統の悪が存在するとき、善悪に関する正当性の争いが存在する。

 口語的には、どの善悪が正しいのかである。例えば、儒教系統の善悪とキリスト教系統の善悪が存在する。この時、俺は儒教系統の善悪とキリスト教系統の善悪、どちらの善悪が正しいのかと疑問に思う。

目的

 俺の認識 目的が善を正当化する。

 言い換えると、目的が正しさをその善に与える。例えば、唯一の創造主がこの世界を男女平等になるように創造した。だから、男女平等の善は正しい。

言語
広告
俺らについて