善と悪

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/レッドカード
広告

 以下で、俺は善と悪を提示する。人種や文明や宗教が異なるとき、善悪に対する認識も異なる。

広告

1章 善悪

 共通認識 善とは、主体や対象が主体、または対象や対象の存在や状態や運動を彼らの意志で選択するという高次な状態である。悪とは、主体や対象が主体、または対象や対象の存在や状態や運動を彼らの意志で選択しないという高次な状態である。

 善とは、主体や対象が主体、または対象や対象の存在や状態や運動を彼らの意志で選択するという高次な状態である。悪とは、主体や対象が主体、または対象や対象の存在や状態や運動を彼らの意志で選択しないという高次な状態である。

例えると、善悪は運動競技におけるレッドカードである。サッカーでは、ハンド行為は悪(レッドカード)であるので、選手はその行為を彼らの意志で選択しないようにする。悪な行為を実行すると、選手は違反に対して罰される。

例えば、「人間が人間を殺す」ことは悪である。「」の中は運動である。この運動に対して、俺らは悪を高次的に持たせる。その時、その運動が善を持つ。だから、善悪は対象の存在や状態や運動の外に属する高次である。

1節 西洋

 西洋では、善悪二元論である。善な行為と悪な行為が0と1のようにきっぱりと分かれている。彼らは自己を善な立場に置いて、悪を断罪する。

西洋人は悪な行為を彼ら自身の意志で選択しない。彼らは善な行為を彼らの意志で積極的に選択する。

2節 東洋

 東洋では、陰陽一体である。陰と陽は互いに互いを補い合いながら、大局的な秩序と安定を保ち、成立している。陰と陽は女と男や動物性と人間性などに対応する。

タイトルとURLをコピーしました