多文化共生・共創推進条例、群馬県が素案〜外国人県民とは?〜

日本社会
広告

 群馬県は、約6万人に上る県内の外国人県民との共生社会の実現を目指す「多文化共生・共創推進条例(仮称)」の素案をまとめた。条例制定により県民全体で共生の基本理念を継続的に共有する。推進会議の設置など実施体制も規定して実効性を高める。来年4月1日の施行を目指す。

その上で基本理念について、「全ての県民が国籍などの違いにかかわらず、地域社会を構成する一員として受け入れられる社会の実現を図る」などと定めた。

https://www.sankei.com/politics/news/201127/plt2011270044-n1.html

 上記を見ると、俺はなぜ大和民族はこの種の愚かな政策を繰り返すのか疑問に思う。彼らは西洋での失敗を失敗と判断できず、何周も遅れて同じ失敗を追従しようとする。以下で、俺はこの種の行為の理由を提示する。

広告

1章 多文化共生の理由

1章 白人の真似

 一般的に、大和民族は物事を思考できない。彼らが思考と思い込んでいるのは、白人の意見の記憶と処理、そして引用のみである。彼らは物事を思考できない。

その結果、彼らは西側白人が多文化共生を実行した後、彼らはその考えを覚えて、処理して、引用する。そこには、西洋の失敗に対する審判や認識、そして判断が存在しない。加えて、彼らは整合性を認識できないので、彼らはキリスト教の精神を日本国に持ち込むことの非整合性すら認識できない。

大和民族は、菊池誠や大栗博司や立川裕二のような学者ですら何も彼ら自身で思考できない。しかし、彼らは思考できていないことを認識できない。大和民族は人間よりもインコのような下等生物に近い。彼らは白人が多文化共生をやってるから、彼らも多文化共生をやっている。マジで何も考えていない

2章 白人になりたい

 大和民族は白人になりたいので、多文化共生を実行しようとする。これは大和民族のメスを見るとき、これは理解される。彼女らは白人と結婚するとまるで白人のように振る舞う。そして、白人扱いされないとき、彼女らはヒステリを引き起こする。

そのほかにも、彼らは英語を話せば、科学をやれば、学者になれば、博士号を取得すれば、白人になれると本当に錯覚している。当然、これは大和民族の脳の遺伝的な欠陥、おそらくそれは彼らの幼稚さに関係する。彼らは多文化共生をすれば、彼らは白人になって、白人の仲間入りを果たせると本当に信じきっている。

大和民族は社会や国家それ自体を認識できない。だから、彼らにとって、国家とは白人になったり、白人の仲間入りを果たしたりする何でしかない。彼らに国家運営を実行させると、白人ごっこになってしまう。

3節 白人に愛されたい

 大和民族は白人に愛されたい、外国人に好かれたいので、彼らは多文化共生を実行する。この種の心理は、白人に好かれたくて、黒人奴隷を白人に売った黒人の王様に近い。彼らも白人の喜ぶ顔を見たかったのだろう。

大和民族は自己の民族を白人に売ることを先進的であり、グローバルと感じていることである。自己の善悪を持たない動物は、たとえ数学や科学に長けているとしても、この種の行為を実行してしまう。大和民族は未開の民族であるので、彼らはすぐに同胞を売り、ヤマタノオロとの対峙を回避するために、同胞を生贄に捧げようとする。

白人様
白人様

 大和民族は白人の米国民のようになりたい。あるいは欧州人になりたい。だから、彼らは多文化共生に賛成する。彼らは白人になれないことを遺伝的に認識できないし、彼らはアメリカ先住民の立場になることも直感的に予想できない。

2章 問題点と解決案

1節 平等でない(問題点)

 その上で基本理念について、「全ての県民が国籍などの違いにかかわらず、地域社会を構成する一員として受け入れられる社会の実現を図る」などと定めた。

https://www.sankei.com/politics/news/201127/plt2011270044-n1.html

 日本列島上の原住民は大和民族と縄文系民族である。非先住民と彼らは平等でない。なぜなら、外国人は日本列島上への先住民の干渉に対する後始末を実行しない。後始末をするのは、常にその土地の先住民である。

そもそも、外国人は日本列島上の原住民でないので、平等でない。保護されるべきは常に原住民側である。平等が成立するのは、アイヌや琉球や大和民族の間のみである。

2節 奴隷になる(問題点)

 この種の政策で最も注意しなければいけないことは、日本列島の上の原住民や先住民が白人の奴隷になることである。あるいは、アメリカ先住民のような状態になることである。

3節 解決案

 アラブやシンガポールや中国式で外国人労働者を扱えば良い。