レジスタの日本語訳は机、または電子机

カタカナ用語
広告

 以下で、俺はレジスタの日本語訳を提示する。レジスタの日本語訳は机である。以下では、俺は管理を優先して、知識の正確性を優先しない。

広告

1章 レジスタの日本語訳

 俺の認識 レジスタの日本語訳は机である。または、レジスタの日本語訳は電机(でんき)である。電子机(でんしつくえ)

 レジスタの日本語訳は机である。または、レジスタの日本語訳は電机(でんき)である。

一般的に、メモリが記憶であり、CPU(実行部)が処理部である。そして、メモリが机に、CPUが人間やその脳に例えられてきた。その時、レジスタの日本語訳がなくなる。

そこで、俺はメモリを手数、CPUをはじきやそろばん部とし、レジスタを机とする。その時、俺らはそれぞれの単語の意味を感覚的に把握できるようになる。

 CPUというそろばん部が存在して、そこで命令が処理・実行される。メモリはそろばん部にとっての手の数のような部分であり、その容量が大きいとき、複数の処理が可能になる。現実的には、そろばんが命令を処理する時、机が必要なる。

なぜなら、計算すべきお題を置いたり、紙を置くときに、計算するための机が必要になる。その机がレジスタである。