現代忍者の坂口拓(tak_ninnin )は鹿の生レバーを食べた〜大和民族は文明を認識できるか?〜

大和民族
https://eiga.com/person/32099/
広告

 現代忍者の坂口拓(@tak_ninnin )は鹿の生レバーを食べた。この行為に対して、人々は彼を強く批判した。以下で、俺は彼の行為を悲観的に解釈する。

広告

1章 生食の意味

 生食の意味 生食の意味とは、大和民族が文明を持っていない動物である事である。

 生食の意味とは、大和民族が文明を持っていない動物である事である。火の意味とは、文明である。実際、動物は火を扱えず、人間のみが火を扱ってきた。

寿司や上記の生食の意味とは、大和民族は人間でなく、動物に近いことを意味している。つまり、彼らはホモ・サピエンスよりもチンパンジーに近く、人間よりもホモ・サピエンスに近い。

大和民族は豊富で正確な知識を持つが、彼らは物事の意味を把握できない。彼らは寿司の意味を把握できない。寿司を食べることは生食であるので、よく言えば、未開、悪い言えば猿的な行為(人間未満や人もどき)である。

2章 大和民族と文明

 事実 大和民族は文明それ自体を認識していない動物である。

 大和民族は文明それ自体を認識していない動物である。正確には、彼らは文明に関する豊富で正確な知識を持っているが、彼らは文明の意味を把握できないように見える。実際、彼らは文明的なものに対する適切な応答を実行できないので、彼らは文明を認識していないように見える。

一般的に、大和民族は無宗教であると指摘されてきた。しかし、正確には、彼らは無宗教でなく、宗教それ自体を認識していない動物である。実際、チンパンジーやシャチなどの知的に優れた高等動物ですら宗教それ自体を認識できない。

菊池誠などの大和民族の滑稽な点とは、彼らが宗教を持たないことを “先進的” と何となく雰囲気で感じているように見えることである。しかし、その状態は未開であり、人間未満である。大和民族は文明それ自体を認識できないので、どんな状態が文明的であり、どんな状態が未開であるかを判断できない。

 菊池誠は自己の明文化された善悪すら持たないのに、彼はその状態を “文明” と何となく感じている。この状態はまさに、彼が文明が何かであるかを認識していないことを意味する。彼は文明を認識していないので、彼は文明的な存在や状態や運動に対する適切な応答を実行できない。

タイトルとURLをコピーしました