西洋文明における善悪二元論〜アメリカ合衆国とソビエト連邦と中国共産党〜

欧州文明
https://en.wikipedia.org/wiki/Good_and_evil
広告

 分かり易く言うならば、あらゆる物事に関し、「良い」か「悪い」かの単純化で区別しようとする理論である。 

元々はゾロアスター教の教義である「善神」と「悪神」から始まったとされる概念であったが、後にユダヤ教キリスト教等数々の宗教に受け継がれるようになる。その後も、時が経つにつれ、宗教のみならず、政治社会マスコミメディア軍隊、そして戦争等においても、善悪に関する二元論の概念が積極的に取り入れられる様になり、現在にまで至っている。 

https://dic.pixiv.net/a/善悪二元論

 以下で、俺は西洋文明における善悪二元論の印象を提示する。俺らがアメリカ合衆国を見るとき、俺らは善悪二元論の印象をつかむことができる。

広告

1章 善悪二元論の印象

 善悪二元論の印象:善悪二元論の世界では、人々は自己を善と置き、敵を悪と悪魔化して、それを倒す。その行為を延々と繰り返す。

 善悪二元論の世界では、人々は自己を善と置き、敵を悪と悪魔化して、それを倒す。その行為を延々と繰り返す。簡単に言うと、善悪二元論では、人々は延々に戦い続ける。

俺らがアメリカ合衆国を見るとき、俺らは善悪二元論の印象をうまくつかむことができる。彼らは敵を悪として悪魔化して、敵と延々と戦っている。米国は彼らの国家が壊れるまで、意味もわからず延々と戦い続けている。

1節 米国とソ連

 米国はソ連や共産党を悪として悪魔化した。そして、彼らは自己の民主主義や資本主義を善とおいた。そのあと、米国はソ連を倒して、自己の善性を証明した。

そこでは、米国は善な立場であり、米国は資本主義と民主主義を信仰した。一方、ソビエト連邦は悪の立場であり、ソビエト連邦は共産主義と独裁を信仰した。

2節 米国と中国

 米国は中国共産党を悪として悪魔化した。そして、彼らは自己の民主主義を善とおいた。そのあと、米国は中国共産党を倒して、自己の善性を証明しようとしている。

そこでは、米国は善な立場であり、米国は資本主義と民主主義を信仰した。一方、中国共産党は悪の立場であり、中国共産党は共産主義と独裁を信仰した。

タイトルとURLをコピーしました