HPVワクチンに関する大阪大学の菊池誠と仲田洋美〜反ワクチン運動〜

大和民族
https://www.excite.co.jp/news/article/Ncn_353113/
広告

 菊池誠の反ワクチン運動には、強烈な問題点が存在する。以下で、俺は菊池誠の反ワクチン運動の問題点を提示する。彼は反面教師として非常に優秀である。

俺の印象では、HPVワクチンのまともな推進者は菊池誠の反ワクチン運動を非常に嫌っていて、彼らは菊池誠を反ワクチン運動から遠ざけたいように思える。実際、菊池が発言すればするほど、人々はHPVワクチンに関する強烈な違和感を覚える。

正林督章とHPVワクチンとマスゴミ〜報道の自由の弊害〜
 ーーでも、国が積極的勧奨再開の方針を示したら、メディアも一斉に報じるはずです。日和見的なメディアこそ、「これは行政も安全性にお墨付きを出した」と、一斉に報道し始めるでしょう。これだけこう着状態が続いているならば、行政がメディアをリードする方針を示してほしい。科学的に理があるのですから。マスコミの方はよくそうおっしゃるけれど、感覚的にずるいなと思う。もし、それが科学的に正確だとおっしゃるなら、なぜ自らそういう報道をしないんですか? なぜ、報道のきっかけをこちらに求めようとするんですか? あなた方には世論への強い影響力がありますよね。 ーーその通りです。私は十分ではないかもしれませんが報じていますし、メディアも行政も両方が動かないといけないと思いますよ。マスコミの側で責任を取って、世論を戻せばいいじゃないですか。メディアが世論を変えてしまった責任まで行政にあるのでしょうか。 ーーそれはおかしい。世論は世論として、正しい方針は方針として示すべきじゃないですか。予防接種行政を担っているなら、科学的にはこれが正しいという筋道を示すべきだと思うんです。当時の記者の方とは違うからなんとも言いよう...
広告

1章 菊池誠の反ワクチン運動の目的

 菊池誠の反ワクチン運動の目的 菊池誠は他人を科学で論破して、科学でマウンティングしたい。

 菊池誠は他人を科学で論破して、科学でマウンティングしたい。人々は彼の行為に強烈な不快感を覚えていて、その不快感は5chの動物虐待版に対する不快感と同じである。白人が作った科学で、馬鹿な人間を論破したい、マウンティングしたい。

だから、菊池は反ワクチン運動を実行しているように見える。彼はよりよい人間社会を形成したいのではなく、彼らは人間社会における社会運動を通じて、彼は馬鹿な他人にマウンティングしたい。真理を主張して、ちやほやされたい。

外部から見ると、菊池の行為はキャバクラ的な気持ち悪さといじめと動物虐待に対する不快感が入り混じっているので、とにかく不愉快である。彼はまともな社会運動を実行できていないが、その自覚を持っていない。

2章 菊池誠の反ワクチン運動の問題点

  菊池誠の反ワクチン運動の問題点 菊池誠はまともな社会運動を実行できないように見える。

 菊池誠はまともな社会運動を実行できないように見える。菊池は知識があれば、反ワクチン運動を実行できるように感じている。しかし、社会活動には、宗教的な善悪や性規範や会話作法が要求される。

にも関わらず、彼は何も持たずに、裸のままで社会運動を実行しようとする。彼の行為は非常に無謀である。大和民族の学者は文明や宗教を軽視しすぎるので、彼らは知識を持っていても、彼らは人間社会という運動競技でうまく競技できない。

まるで、彼らはキモオタがサッカーに詳しいが、サッカーの運動競技を実際に競技できな畔、浮いているようである。あるいは、彼らは官能的な映画には詳しいが、彼らは性行為を実際に実演できないような状態である。人間社会という競技における菊池の行為ははちゃめちゃであり、異常者の行為に近い。

1節 科学者や数学者に観察される行為

 菊池誠は社会運動の中で真理を主張しようとする。しかし、たとえ彼が真理を主張するとしても、彼は彼の目的を達成できないだろう。さらに悪いことに、菊池は社会活動における目的をきちんと定義できないので、彼の目的は論破とマウンティングとちやほやになっている。

社会活動では、人々は活動の目的を設定した後、彼らは目的を達するような行為を競技する必要がある。その後、彼らは目的を達成する。これはワクチンの運動も同様である。

菊池は社会運動における競技を実演する必要があるのであり、彼は真理を主張する必要はない。彼の行為はサッカーの試合に迷い込んだ犬や猫程度にはめちゃくちゃである。見ているこっちが恥ずかしくなる。

タイトルとURLをコピーしました