LGBT法連合会の五十嵐ゆりとLGBT運動の奇妙さ〜LGBT平等法〜

大和民族
https://twitter.com/BFJNews/status/1339406823518916611
広告

 「ルールができるということは、人の意識も変えていくと思うんです」 性的マイノリティであることを理由とした不当な解雇や学校でのいじめ…。どうして日本に「LGBT平等法」は必要なのか。自身もレズビアンで、法整備に向けて署名を呼びかけているLGBT法連合会の五十嵐ゆりさんに聞きました。

https://twitter.com/BFJNews/status/1339406823518916611

 五十嵐ゆりの発言を見た後、俺は強烈な違和感を覚えた。なぜなら、彼女の視点は白人視点であり、キリスト教徒視点である。彼女はキリスト教徒であるのかもしれない。

広告

1章 五十嵐ゆりの運動の奇妙さ

 奇妙さ:五十嵐ゆりの運動は歴史的な正当性や宗教的な正当性を持たない。

 五十嵐ゆりの運動は歴史的な正当性や宗教的な正当性を持たない。

1節 宗教的な正当性と歴史的な正当性の欠如

 大和民族は東洋小人種の部分集合であり、日本国は東洋文明の部分集合である。日本列島は東洋地域に属する。彼らはキリスト教徒でないし、同性愛を罪な存在であるとは考えない。そもそも、東洋文明は罪の文明でない。

同性愛者を罪な存在として迫害してきたのは、キリスト教徒の白人であり、東洋人でない。東洋文明では、同性愛は罪でないし、実際、同性愛には個人の範囲では自由である。五十嵐ゆりはキリスト教徒や白人の視点を日本国や大和民族に持ち込んで、政治活動を実行するので、奇妙な存在に見える。

加えて、五十嵐ゆりはLGBT平等法を提示するが、平等の概念それ自体がキリスト教由来である。

2節 マイノリティという単語

 五十嵐ゆりはマイノリティという単語を使用する。けれども、マイノリティやそれに対する慈悲はキリスト教由来の単語である。例えば、中国やイスラムやイスラエルでは、少数派に対する慈悲や寛容は存在しない。

大和民族の大部分はキリスト教徒でないので、マイノリティに対する優しさは不要である。

3節 無関係な他者の悪魔化

 また、五十嵐ゆりは差別を人工的に作り出して、土着の先住民を悪魔化しようとしている。キリスト教の背景や白人でない人間が、白人の過去の行為に関して、遅れているや差別主義者と悪魔化している。この種の行為は単なる人種的な侮辱や宗教的な侮辱である。

五十嵐ゆりは自己の政治運動のために、差別を人工的に作り出そうとしている。そして、差別主義者は常に日本列島上の先住民や原住民である大和民族である。彼らは欧州人でなく、モンゴロイド人種であり、彼らを悪魔化することはアメリカ先住民をnoble savageと人種的に侮辱することに等しい。

五十嵐ゆりは差別を人工的に作り出して、罪悪感を植え付けて、他人を支配しようとする。しかし、この種の行為は正当な政治活動でなく、カルト宗教の特徴である。

2章 大和民族の性質

 大和民族の性質:大和民族は宗教や文明、そして歴史それ自体を認識していない。

 大和民族は宗教や文明、そして歴史それ自体を認識していない。加えて、彼らは政治活動それ自体も認識できず、さらに彼らは人間社会それ自体も認識していない。

遺伝的には、彼らは自己を認識していないので、彼らは彼ら自身が白人でないことを認識していない。

1節 政治運動における正当性

 五十嵐ゆりはキリスト教的な運動競技と欧州的な歴史で、LGBT運動やマイノリティ運動を実行している。しかし、彼女の行為は宗教的、かつ歴史的な正当性を持たないので、彼らはうまくいかない。

五十嵐ゆりの行為は卓球選手がサッカーのルールや視点を持ち込むことに似ている。卓球の世界では、サッカーのルールや視点は正当性を持たない。

タイトルとURLをコピーしました