兵庫・淡路島へ本社移転のパソナとカタカナ用語〜就職難の学生1000人雇用へと島で働いて研修〜

日本社会
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8d2f4389a77a46c0fa0418b84271daaf5a301f5/images/000
広告

  東京から兵庫県淡路島への本社機能移転を進める総合人材サービスのパソナグループは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2021年春の就職が決まっていない学生約千人を契約社員として採用する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8d2f4389a77a46c0fa0418b84271daaf5a301f5

 パソナによる上記の行為の問題点はここでは提示しない。俺が上記の画像を見た後、俺はパソナの施設の大部分がカタカナ用語であることに気づいた。以下で、俺はその問題点と解決案を提示する。

広告

1章 問題点〜カタカナ用語〜

 問題点:施設の名前が日本語でなく、意味不明なカタカナ用語である。

 施設の名前が日本語でなく、意味不明なカタカナ用語である。この種の問題はパソナだけでなく、日本企業に広く見られる。彼らはなぜか意味不明なカタカナ用語を使用して、白人風や洋風を装う。

その結果、日本語がカタカナ用語ばかりになって、誰も意味を理解できなくなる。上記でも、クラフトオフィスやパソナファミリーオフィスという意味不明な単語が存在する。けれども、後者はパソナ家族事務所(事務室)で良い。

未来的には、この状態が継続するとき、大和民族は自己の言語で学問や書籍を読むことができなくなるだろう。その状態は悪いので、俺らはその状態が生じないように、肉体を運動させる必要がある。

2章 解決案

 解決案:日本政府が統治能力を発揮して、カタカナ用語の使用を禁止する。

 日本政府が統治能力を発揮して、カタカナ用語の使用を禁止する。日本政府は企業名や商品名のカタカナ用語を強制的に廃止すれば良い。企業の目的は利益追及であり、人間社会の形成でない。

企業の好きにさせると、彼らはカタカナ用語を平気で使用して、はちゃめちゃな町並みを作るだろう。実際、日本企業は短期的な利益追究のために、彼らは日本語や日本国の景観を破壊してきた。

一般的には、企業や商業には、社会システムそれ自体を形成する能力は存在しない。つま理、企業には、システム内の選手間の意思疎通手段である言語を形成する能力はない。それは貴族や政府関係者がすべきである。