東京農工大学の田中聡久の社会性の欠如について〜twitter@jeonjung121〜

大和民族
https://www.youtube.com/watch?v=CXoCaDc0Jf4
広告

 俺が東京農工大学の田中聡久(おそらく、jeonjung121)の発言を見ると、俺は彼の社会性のなさに驚かされる。一般的に、東洋人は高い知的能力と高い労働力を持つが、彼らは高い社会性を持たない。その結果、彼らはまともな人間社会を形成できてこなかった。

以下で、俺は東京農工大学の田中聡久の発言の問題点を提示する。結論から言って、俺は東京農工大学の田中聡久も日本国の大学も研究者もアカデミアも解体すべきであると審判する。それだけでなく、俺らは日本国民も大和民族も解体すべきであると審判する。

なお、個人名には、意味がない。この種の日本人の大学教員の数は一人でないので、広く一般化される。

広告

1章 社会性の欠如

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 16:42:05.23 ID:euDeTnRW0

 職業柄色んな人間と逢うが医者と大学教授はガチ。ただ医者は患者と言う一般人と接する機会もあるため大学教授よりはマシ。医者は医者本人より妻が基地ってる場合が多い

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 16:54:04.82 ID:euDeTnRW0

 俺は大学教授ナンバーワンクズ論を声高に宣言する。患者は医者を選べるから強気な奴もいるけど学生は教授を選べないから媚び諂う。小中高はモンペと言う監視もあるが大学はない。どう考えたって大学教授が一番クズになる環境が整ってる

https://fknews-2ch.net/archives/29652616.html

 上記の発言、特に「あんたら」は契約相手に対する侮辱的な発言である。この種の発言を繰り返す日本人の学者は一人でない。彼らはなぜか醜い田中のために環境を用意してくれると感じているように見える。

しかし、彼らは学問の自由や大学の自治を掲げてきた。だから、彼らは彼らのアカデミア社会システムを彼ら自身で形成して、彼ら自身で管理・統治する必要がある。それが自治である。

しかし、彼らの発言を見ると、彼らは日本国の政府や国民が「田中」のために社会システムを形成して、お金を「あげて」、管理や統治をしてくれると感じているように見える。そして、問題が生じるならば、日本国の政府や大和民族が田中の行為の責任と後始末を取ってくれると感じているように見える。

1節 企業研究者は?

 上記の発言は企業研究者は言わないように見える。もし企業研究者が研究したいならば、彼らは彼らの会社を彼ら自身で作り、研究する環境やお金を彼ら自身で取ってくる。しかし、大和民族の学者は統治者や客である日本国民に研究する環境やお金を持ってこさせようとする。

まるで老人が飯、風呂、寝るといえば、その妻が彼らのために飯、風呂や寝床を用意するようなものである。東京農工大学の田中聡久は先生、先生と未開の精神病棟でおだてられて、完全に勘違いしているように見える。この種の東京農工大学の田中聡久は一人でなく、「他人に社会を作ってもらおう」とする。

東京農工大学の田中聡久は自己の組織を彼ら自身で形成しない。東京農工大学の田中聡久は自己の組織を彼ら自身で管理・統治しようとしない。彼らはなぜか「人類の役に立っているのだから、お前らが俺の研究環境を用意しろ」と考えているように見える。

2節 病的な思い込み

 理系の研究者には、アスペルガーが多いのか、東京農工大学の田中聡久は病的な思い込みに関する性質を持っているように見える。東京農工大学の田中聡久は「俺は人類の役に立ってるのだから、研究以外は何もしなくて良い」と強く思い込んでいるように見える。

サッカーの授業やキャンプや葬式でも、キモオタはなぜか勉強できるから、サッカーの授業に参加しなくて良い(でも成績)は欲しいと思い込んでしまう。彼らは他人の運動やキャンプにおけるテントの作成をぼーっと見ていて、何もしない。けれども、彼らは乞食的であり、他者による社会形成の恩恵だけは受けようとする。

実際、東京農工大学の田中聡久は、自分だけは勉強して、自分だけは研究して、大学に合格して、給料をもらうが、日本国における社会形成や東洋文明の形成やそれらにおける健全な競技に一切興味を持っていないように見える。

2章 東京農工大学の田中聡久の人種的、かつ民族的甘え

 田中聡久の甘え:田中聡久は自己の人種や民族を侮辱して、損害を与えるとしても、田中聡久は刑罰を課されないと感じている。

 田中聡久は自己の人種や民族を侮辱して、損害を与えるとしても、田中聡久は刑罰を課されないと感じている。なぜなら、同じ大和民族や同じモンゴロイド人種だから、何かあれば、日本人が田中聡久を助けてくれると感じているように見える。だからこそ、田中聡久は日本人ばかりを人種的に、民族的に侮辱して、マウンティングを仕掛ける。

1節 多様性の賛美行為

 田中聡久はアメリカ大陸の多様性を賛美する、またはそれが拒否されない組織に所属しているが、彼の行為はモンゴロイド人種に対する明確な人種的侮辱であり、決して受け入れられない。彼の賛美行為には、民族的な甘えが存在するように見える。

2節 類似例

 田中聡久は大和民族の白人至上主義者の雌に似ている。この種のエヴァ・ブラウンは「アジア人は嫌、白人ハーフの子供欲しい」と言って、白人男性に群がる。そのあと、ナチスは彼らの子供を自慢するために、わざわざ日本人女性の中に入ってくる。

拒否されると、彼女らは被害者ぶり、差別されたと泣き言をいう。この種の動物の異常性とは、何かあると、大和民族の雄に助けてもらおうとすることである。なぜなら、動物は他者に対する人種的な侮辱を認識できない。そして、動物は「同じ日本人だから助けてくれる」と意味不明にも期待する。

田中はこの種の動物に近い。たとえ田中聡久が大和民族を人種的に侮辱するとしても、同じ日本人だから、彼らは日本人による保護と救助をどこかで期待しているように見える。この種の動物の共通点とは、「侮辱や損害を与えた対象に救助してもらおうと期待する」ことである。これは母親に対する赤ん坊の態度に等しい。

タイトルとURLをコピーしました