意図とは何か?〜対応と目的の組み〜

言語
https://en.wikipedia.org/wiki/José_Ramos-Horta
広告

 これは「意味とは何か」の続きである。大和民族を見ると、彼らは他人の発言や行為の意図もうまく把握できないように見える。その結果、彼らは外交や交渉を非常に苦手とする。

なぜなら、彼らは他人の発言の目的をそもそも憶測できない。その結果、彼らは他人の悪意も認識していないように見える。日本語における意図は「本音」に近い。

広告

1章 意図

 認識 意図とは対応と目的の組みである。

 意味は対応と人工的な対象の組みであった。俺らが人工的な対象を目的と解釈する時、意図は意味になる。悪意とは、対応と悪い目的の組みである。悪い目的が何であるかは文明や宗教や人種によって異なる。

1節 多様性の意図(具体例)

 多様性の意図には、人種浄化や民族浄化が存在する。人種や民族が存在する時、特定の人種や民族による虐殺が発生する。だから、俺らは人種や民族を多様性の名前の下で混結させれば、この種の虐殺が発生しない。

だから、多様性は素晴らしい。残念なことに、一部の人間はこのように考えてしまう。その結果、彼らは多様性を賛美して、他民族や多人種を浄化しようとする。多様性の意図は正確には多様性の悪意である。

しかし、大和民族はこの種の目的を把握できないので、彼らは白人の真似をして、多様性を賛美する。加えて、彼らは多様性の意味すら把握していない。

タイトルとURLをコピーしました