意味とは何であるか?

言語
https://jasakura.com/nihonshi/bigot.html
広告

 以下で、俺は意味を提示する。一般的に、意味とは対象と単語との対応と認識されているように見える。しかし、俺はそれは対応であり、意味でないと認識する。

俺が大和民族の行為や言動を見る時、俺は彼らは単語の意味を把握していないと結論づけた。そのため、彼らは白人の真似事を意味もわからず繰り返して、アメリカ大陸の多様性を賛美する。けれども、彼らは不思議なことにアメリカの歴史に関する豊富で詳細な知識を持っている。

上記はフランス人の画家ビゴーによる侮辱画であるが、俺は大和民族は彼ら自身が上記の絵で人種的に侮辱されていると認識できない。なぜなら、大和民族は物事の意味を生得的に認識していないホモ・サピエンスである。

広告

1章 意味

 俺の認識:意味とは、対応と人工的な対象との組みである。

 意味とは、対応と人工的な対象との組みである。この宗教では、意味とは、対応と物質世界と蟲世界から分岐された対象の組みである。人工的な対象には、善悪や審判や認識、損得が存在する。対応とは、対象と単語との規則である。

1節 善悪意味(判断意味)

 善悪意味とは対応と善悪の組みである。つまり、善悪がきちんと認識された時に、善悪意味が生じる。もし俺らが善悪を持たないならば、善悪意味それ自体が成立しない。

例えば、大和民族はアメリカ大陸の多様性の意味を把握していない。なぜなら、彼らは自己の明文化された善悪を持たない。その時、善悪意味が成立しないので、彼らは多様性の意味を把握していない

2節 審判意味

  審判意味とは対応と審判の組みである。正確には、審判意味とは対応と審判に関係する対象の組みである。もし俺らが審判能力を持たないならば、審判意味それ自体が成立しない

例えば、島の意味とは未開である。なぜなら、大規模な農耕や牧畜を実行できないので、文明が発達しないと偏見を持って見られている。しかし、大和民族は彼ら自身が島国の民であることの意味を把握していないように見える。なぜなら、彼らはある種の状態を「未開」と適切に審判していない。

3節 認識意味

  認識意味とは対応と認識の組みである。正確には、審判意味とは対応と認識に関係する対象の組みである。

具体例は未定。後で追記する。

4節 損得意味

 損得意味とは対応と損得の組みである。正確には、損得意味とは対応と損得に関係する対象の組みである。損得は損害と利益である。もし俺らが損得感情を持たないならば、俺らは商業におけるある種の行為の意味を把握していないように見える。

例えば、大和民族は白人の真似をして、差別という単語を使用する。しかし、この単語を使用する時、白人は大和民族がキリスト教やユダヤ教の土俵に乗ったと解釈する。この時、彼らは不利益を被るが、彼らは損得を認識していないので、彼らは差別という単語を使用してしまう。

本来であれば、彼らは「礼」という単語を使用して、自己の土俵に白人をあげて、有利な環境を形成する必要がある。なぜなら、何が差別であるかはキリスト教やユダヤ教の白人が決定する主導権を持っている。一方、礼は東洋人が決定する主導権を持っている。「差別という単語の使用」=「行為の善悪を白人によって決定される不利益」である。

 その他には、認めることが存在する。アメリカという国家の存在を認めるとき、原爆が降っているが、日本人は認めるという行為の意味をわかっていない。その他には、日本人はアメリカを移民の国家であると認めることの重要性をわかっていない。