形容詞と名詞(形容詞の名詞化)

言語
https://unsplash.com/photos/lRoX0shwjUQ
広告
広告

1章 形容詞

形容詞

 形容詞 形容詞とは、対象の性質(状態)を指定する単語である。

 対象を棚と仮定すると、対象の性質(状態)は棚の引き出しである。形容詞はその引き出しの中に具体的ない性質を召喚させる。

例えば、is blue(be blue)だと、「青であれ」や「青れ」である。be動詞をあれと解釈。The robot is blueは「ロボットよ、青れ」である。be coloredは「色的であれ」である。

be blueの意味とは、対象の棚に青という性質をぶち込む(召喚)ことである。do motionに対象を運動させる機能が存在しなかったように、be bluenessにも対象を青れさせる機能は存在しない。

2章 名詞(形容詞の名詞化)

形容詞の名詞化

 一般的に、形容詞の名詞化はthe state of ~やthe number of ~やthe color of ~やthe shape of ~やthe element of ~やthe personality of ~のような形式で表現される。the state of ~がthe motion of ~に対応する。colorという単語はある種の未知数xであるか、または具体的な色の名字である。

動詞の名詞化と同様に、形容詞の名詞化はある種の現象を表現している。動詞と異なり、その現象は時間を持たないので、紙芝居やストロボ写真のようでない。たとえ俺がthe coloredと唱えるとしても、対象には特定の色に色付けられない。特定の色に色付けられた現象が生じる。

3章 be動詞

 以下では、俺はbe動詞について述べる。be動詞には、交換可能と一致と不等式(含有)が存在する。

交換可能

 俺はJpn-manal is objectal who has Y Chromosome DNA Haplogroup D1a2.を考える。このisが交換可能である。俺はこの文をJpn-manal ⇄ objectal who has D1a2.と変形する。⇄の意味は交換可能である。同じ対象の異なる二つの表現であるので、交換が可能である。

ただし、翻訳の場合、二つの単語は実際には交換されない。例えば、猫とcatが存在する。それらの単語は同じ対象の2つの互いに異なる表現である。しかし、英語の世界では、catは猫と発音されないので、交換は不可能である。

一致

 上記では、俺はbe動詞を〜であれと解釈した。けれども、俺はbuleのみで青れと解釈する。つまり、the object blueで「その対象よ、青れ(青いであれ)」と解釈する。次に、the color of the object is bulenessを考える。この解釈の一つには、この対象の色は既に知られている青という色の基準に一致するである。the color of the object = blueness. =の意味は一致である。

ある対象が存在して、その対象の色を考える。俺がその色を観察した後、俺はその色は青であることがわかった。the colorそれ自体がthe objectの色を表現しているので、bluenessと交換できない。このbeはF=maがF⇄maでないことに似ている。左辺と右辺の数値は一致しているが、交換不可能である。

不等式(含有)

 例えば、Fumio Kishida is an East Asian. が存在する。このisは交換可能や一致のisでない。このisは不等式(含有)のisである。この文は「Fumio Kishida < an East Asian.」に近い。<は不等式である。<は⊂である。

進行形とbe動詞

 動作の進行形はbe動詞で表現される。例えば、俺が走っているはI am runnning.である。ロボットが運動しているはthe robot is moving.である。俺はこのbe動詞を状態と解釈する。俺がロボットよ、動けと唱えるとき、ロボットは運動する。感覚的には、俺は止まっているロボットを運動させている。

それに対して、be動詞では、俺は「ロボットよ、であれ運動的」と唱える時、ロボットが運動している状態を生じさせる。その時、ロボットが運動している状態それ自体が召喚される。俺は進行している運動を状態を解釈する。だから、俺は動作の進行形をbe動詞で表現する。

理論物理における慣性の法則では、もしある物体が直進運動を実行しているならば、その物体は直進運動を実行し続ける。この時、俺は物体の運動を一つの状態として解釈する。

受動態とbe動詞

 英語では、受動態はbe動詞で表現される。例えば、彼は彼女に殺されるはHe is killed by her.である。この文には、運動の主体(主語)は存在せずに、主語の状態のみが存在する。受動態では、俺は運動が存在しているように感じるが、主語の状態が存在している。なぜなら、Heそれ自体は運動していない。俺が「彼よ、殺され的 彼女によって」と唱えるとき、この文が生じる。

俺はこの文をShe kills him.(彼女よ、殺せ 彼を)と書き直す時、運動の主体(主語)はSheである。Heがkillによって新たな運動を始める時、He screamsのような文が新たに生じる。または、俺がbe killedを殺されよと解釈する時、受動態は動詞でも表現される。俺が「彼よ、殺されよ、彼女によって」と唱えるとき、俺は彼を殺されよという運動を実行させる。

意志(be going to)とbe動詞

電飛

内部電飛

言語
広告
俺らについて