俺語における動詞とその名詞化

 以下では、俺は俺語における動詞とその名詞化について述べるつもりである。名詞と同様に、俺は固有動詞と一般動詞を考える。SOVSVO語順では、俺は動詞の名詞化と動詞を唱える。俺は動詞と動詞の名詞化の両方を考える。

動詞の名詞化(機械)

 まず、俺は動詞の名詞化を提示する。SOVSVOに沿って、俺は動詞の名詞化を召喚する。俺は動詞の名詞化を機械や工作機械と例える。つまり、俺は工作機械を召喚した後、俺は命令をその機械に実行して、運動を実現する。

なお、俺は固有動詞を導入する。例えば、ホロコーストや原子力爆弾の投下、東京大空襲やゲルマン民族の大移動は固有名詞的である。固有名詞は、特別な機械に対応する。

図1

図1では、名詞化された動詞がある。動詞では、俺は名詞化された動詞を(x_)で表現する。これはxの位置が変化したことを表示している。ただし、主体は機械の中に必ずしも乗っている必要はない。

図2

図2でも、名詞化された動詞がある。ただし、2つの動詞が同時にある。もし俺が「動け」と命令するならば、ある主体が分身できない限り、二つの対象が同時に運動するだろう。

図4

上記は他動詞の名詞化である。xが作用する主体であり、yが作用される対象である。俺は名詞化された動詞を(x__y)で表現する。

動詞

 次に、俺は動詞を考える。俺は召喚された動詞の名詞化、つまり機械を命令で実行する。例えば、俺は「動け」と命令して、上記の機械を左から右の状態へと変化させる。この時、俺はその機械は命令に関する名札も持っていると認識する。つまり、機械は名札としての取り出し用の名札(名前)と命令実行用の名札の2枚を持っている。形容詞用の名札も同様である。

俺が動詞を考えるとき、俺は自己と非自己を考える。俺が命令を自己に実行するとき、俺は「動け(move)」と唱える。一方、俺が命令を非自己に実行するとき、俺は「動く(moves)」と唱える。自己には、自己の肉体や指揮系統の下位の肉体、そして計算機や機械がある。非自己には、二人称や三人称がある。

例えば、地面が地震で揺れる時、俺が「地面よ、揺れろ」と唱えると、俺は違和感を覚える。その時、俺は「地面が、揺れる」と唱える。俺が非自己に命令を実行する時、俺は何かをおかしいと感じる。だから、俺は命令を実行する時、自己と非自己を互いに区別して実行する。つまり、動詞の名詞化を呼び出す種類は一つであるが、作動のさせ方が2つある。

図4

上記の[moveala]は動け、または動アルアケである。xが空の場合、何も装填されていない機械が運動する。つまり、この宗教では、動詞のみが存在すると便宜的に仮定する。俺は名詞化された動詞を(x_)→(_x)で表現する。

図5

上記の[movealas]は動く、または動アルアクである。xがそれぞれ異なる主体であるとき、上記が一般的に成り立つ。ただし、ある主体が同時並行で同じ作業を実行する時、上記が生じる。

図6

上記は他動詞の運動である。俺は名詞化された動詞を(x__y)→(_xy)で表現する。

時制

 俺は時制を考える。名詞の時と同様に、俺は-k、-g、-rを動詞に付加する。例えば、motionk、motiong、motionr。movek、moveg、mover。また、俺は主体の時制も同時に考える。主体の時制にも、俺は-k、-g、-rを付加する。この時、the robot movekやthek robotk movekが考えられる。後者を変形すると、(the robot move)kやk(the robot move)。ただし、主体が現在であり、動詞が過去、または完了を表現する時、括りはない。

次に、俺はthe robot movekを考える。俺がmoveを動けと解釈する時、movekは動いたである。movekは命令でない。だから、たとえ俺がthe robot movekと唱えるとしても、the robotは運動しない。俺はなぜ俺はその文を唱えるのかと疑問に感じる。理由の一つには、推論に使用するためである。つまり、if the robot movek、という推論を機能させるために、movekが必要である。

俺は殺人事件を想像するとき、この感覚をつかむことができる。殺人事件では、誰が殺したのかが重要である。だから、俺はthe person killed him.(その人間よ、殺した、彼を)と唱えるとき、the personは現在におけるその人間を捉える。しかし、たとえ俺がkilled himを唱えるとしても、その人間はその唱えによって実際には運動させられない。しかし、俺がthe person killed him.(その人間よ、殺した、彼を)と唱えるとき、殺人行為に関する法律がその人間に適用される。この過去は次の行動のために必要である。the person killed him.(その人間よ、殺した、彼を)→I arrest the person.(俺よ、捕まえろ、その人間を)。

 未来も同様である。たとえ俺がthe robot moverと唱えるとしても、そのロボットは運動しない。-rは命令形でない。日常的には、俺は株価の値段や戦争の発生や気候変動を知るために、俺は-rを使用する。if the robot mover, then, I buyr the stocks.

電飛

内部電飛

タイトルとURLをコピーしました