動詞と名詞(動詞の名詞化)〜moveとmovementの違いは?〜

言語
https://en.wikipedia.org/wiki/Stroboscope
広告

 俺は動詞と名詞(動詞の名詞化)の違いを認識してこなかった。俺はそれらの違いを以下で提示してみる。なお、俺は動名詞の意味を把握していない。また、俺は名詞と形容詞と動詞、そして主語と述語と目的語、存在と状態と運動の違いをよくわかっていない。

広告

1章 動詞(verb)

 動詞:動詞とは、対象を運動させる単語である。

 あるロボットが存在する。俺らが「ロボットよ、動け」という時、そのロボットは動く。その動けという単語が動詞である。「ロボットよ」という掛け声で、ロボットが起動して「動け」で実際に運動する。

言い換えると、動詞とは対象を運動させる呪文である。英語の場合、the robot movesでロボットを運動させる。あるいは、the robot do move.である。

the robot do movementでは、ロボットは運動しない。なぜなら、movementは動詞でなく、名詞(動詞の名詞化)である。moveとmovementの違いは対象を運動させることができるかどうかである。

2章 動詞の名詞化

 動詞の名詞化:動詞を名詞化した単語は、対象の運動の始めから終わり(完了)を表現する単語である。

 動詞は対象を運動させる呪文であった。それに対して、動詞を名詞化した単語は、紙芝居やアニメのようにある対象の運動の始め(t=1)から運動の完了までを表現している。

The movement of the western whites in 21st century failed. という文が存在する。このとき、the movementは西側白人の2000年から2020年までの一連の運動を静止した紙芝居やアニメ絵、ストロボ写真のように表現している。

movementには、対象を実際に運動させるという機能は存在しない。まとめると、動詞には、対象を運動させる機能が存在する。一方、movementは対象を運動させる機能を持たない。movementはストロボ写真のように、対象の運動の始まりから完了までを表現している。

電飛

言語
広告
広告
押せ
押せ
広告
俺らについて