吉川梨沙(risa_kyokan)と欧州人による人種的侮辱〜日本人の幼稚さ〜

大和民族
広告

 上記の発言は明確な人種的な侮辱である。しかし、吉川梨沙は自己が人種的に侮辱されていることに気づかない、または気づいていても白人に嫌われるのが怖いと感じて何もしないように見える。以下では、俺は吉川梨沙の行為の問題点を提示する。

広告

1章 吉川梨沙の幼稚さ

 吉川梨沙の幼稚さ:吉川梨沙は幼稚であり、白人に苦情を言えない。

 上記の吉川梨沙は非常に大和民族の雌的である。なぜなら、彼女らは白人に人種的に侮辱されると、自分が悪いと信じ込むか、日本人男性に八つ当たりする。吉川梨沙は白人の考えに感心している場合でなく、きちんと苦情を言えば良い。

上記では、日本人ははっきり意見を言わないからと侮辱されているが、吉川梨沙はその発言に苦情すら行っていないので、欧州人の発言が正しいことを暗に証明している。

あるいは、吉川梨沙の知的能力は未熟であるので、彼女は「侮辱」を認識できないように見える。一般的に、未熟な脳をもったホモ・サピエンスは侮辱を認識できずに、快不快や不安安心、恐怖で動く。

1節 白人に嫌われるのが怖く、媚を売ってしまう

 吉川梨沙は白人に嫌われるのが怖いので、吉川梨沙は苦情を言わない。この種の性質は吉川梨沙の性質よりもモンゴロイド人種の性質に似ている。吉川梨沙は白人に媚をうるタイ人やフィリピン人に似ている。

2節 対峙が怖い

 吉川梨沙は白人との対峙が怖い。だから、人種的に侮辱されても、吉川梨沙は何も言えない。吉川梨沙が人種的に侮辱されると、吉川梨沙はなぜ白人が人種的に侮辱されたかという説明を求めて、安心しようとする。

なぜなら、吉川梨沙は人種的な侮辱そのものよりも、白人との対峙を回避して、安心感を獲得しようとする。吉川梨沙は自分が悪かったことにすれば、白人と対峙しなくて済むので、それを無意識的に求めようとする。吉川梨沙はこう考えたい。

「私は自分の意見を言わなかったから、悪い」

「だから、人種的に侮辱されてもしょうがない。仕方がない。」

大和民族が白人に人種的に侮辱された時、彼らは彼ら自身が白人に言い返さない理由を本能的に考えようとする。上記の場合、「日本人は意見を言わなかったから(しょうがない)」。下の発言もそうだけれども、なぜ押川はジャップと呼んだ白人を批判するのでなく、日本人の人種差別主義者を批判しようとするのか?

3節 自分が単なるアジア人であることを認めたくない

 吉川梨沙は自分がアジア人であり、人種的に侮辱される側であることを絶対に認めようとしない。この種の大和民族は一人でなく、雄にもメスにも存在する。吉川梨沙は彼ら自身が人種的に侮辱される側であることに不安を覚える。

だから、彼らは人種的に侮辱されると現実逃避を実行して、人種的に侮辱される理由を必死に探そうとする。彼らは病的であるが、吉川梨沙は自分の病性に気づいていないように見える。