東京大学の物理学者押川正毅と森喜朗とオリンピック

大和民族
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/voices074.html
広告

 森の発言に伴う押川の発言を見ると、俺は大学それ自体を廃止した方が良いと感じる。個人的には、俺はオリンピックにも反対であるが、彼らの発言は異常である。以下では、俺らは押川の発言の行為の意味を提示する。

広告

押川正毅の行為

1節 嬉しそう

 押川正毅は森の発言の後、彼はオリンピックの中止を非常に嬉しそうにつぶやいている。彼は森の辞任やオリンピックの中止すら訴えていた。彼らはまるで他人事のように森を糾弾して、オリンピックの中止を訴えてきた。彼の行為は異常であるように見える。

彼は白人に叱ってもらいたくて、オリンピックを中止したくて、不必要に騒いでいる。この種の日本人はなぜか日本人が失敗したり、日本人が災害で苦しむことを非常に喜ぶ。しかし、オリンピクの開催には、様々な人間が関係していて、中止になると、産業界の一部の人間は苦しむ。

押川はオリンピックの開催の中止を非常に喜んでいるが、彼の存在自体が産業に依存した存在である。彼らは依存先の人々が苦しむ様子を見て、喜んでいる。

 押川はオリンピックが中止になるような失言を元から望んでいた。そして、彼はオリンピックが中止になるようなきっかけがほしかっった。森がそのきっかけを与えたので、彼は非常に喜び、オリンピック憲章を引用して、森を辞任に追い込み、オリンピックを中止させたい。

彼の行為は大澤を解雇させた時の振る舞いと同じである。彼は大澤を解雇したいという考えがある。それに合わせて、彼は東大憲章を引用して、大澤を解雇しようとする。

同様に、彼は森が嫌い、あるいは彼はオリンピックが中止になって欲しいという気持ち悪い考えがある。彼はそれに合わせて、オリンピック憲章を引用する。大澤の時も森の時も、押川にはまともな公平性や社会性は存在しない。

 上記の発言も非常に意味不明である。オリンピックの開催には、多くの人間の人生とお金が関係してきた。彼はその行為を暗に水の泡にしようとしている。押川はまずオリンピックを中止させたいという考えがあって、森の発言をきっかけにしたいだけである。

彼の行為は日本人奴隷をキリシタン大名に打った日本人と同じである。彼は自分の意見を自分で言わずに、白人に日本人を叱らせて、オリンピックを中止させようとしている。この種の行為は非常に幼稚であり、見るに耐えない。

彼はオリンピックを中止させたいという醜い欲求がある。だから、彼は男女平等やオリンピック憲章を引用して、必死でオリンピックを中止させようとしている。そこには、平等のような宗教的な信念は存在しない。

彼にとって、憲章も男女平等もオリンピックを中止させるための単なる道具でしかない。

俺が上記の発言を見た後、俺は強烈な不快感を覚える。押川は森が失言してくれたことが何よりも嬉しい。なぜなら、彼は森の発言を悪用して、オリンピックを中止させることができると考えている。この種の反社会的な行為それ自体はきちんと罰される必要がある。

押川正毅の行為の意味

 森の発言よりも、この種の発情的な行為はより悪質である。大和民族の雄は発情すると、研究室などで可愛い雌に群がるが、この種の行為が性的嫌がらせとして罰されないのは異常である。上記は押川の発言であるが、この種のキモオタは研究室でこの種の行為を実行してしまう。その結果がちょまどや小保方晴子である。

1節 ブサイクなアジア人であるのが嫌

 押川は彼自身が醜いモンゴロイド人であるのが嫌である。彼がブサイクに生まれてきたのは日本人のせいである。彼がアインシュタインでないのは日本人のせいである。だから、彼らは日本人に八つ当たりや腹いせを繰り返して、日本人を人種的に侮辱する。

押川は日本人であるので、同じ日本人を人種的に侮辱するとしても、彼は殺されないと考えている。だから、彼らは日本人ばかりを批判している。実際、彼は韓国を持ち上げて、白人を持ち上げて、日本人のみを批判する。

なぜなら、日本人は彼と同じ大和民族であるので、彼は安心感を覚える。異人種や異民族との対峙という真剣な話題から回避できる。だから、彼は日本人のみを批判する。彼の行為は非常に幼稚であり、刑罰に値する。 

 押川は彼の醜いを容姿を海外で侮辱されると、彼は侮辱した白人でなく日本人を批判しようとする。なぜなら、彼が侮辱されたのは彼が日本人であるから。だから、日本人が悪いと。自分がブサイクのは日本人のせい。

彼は白人との対峙を何よりも恐れる。だから、彼らは殺されない安心感を覚える日本人のみを人種的に侮辱してきた。彼は醜い日本人として生まれてきたことを腹いせに八つ当たりしてきた。

彼が不安の原因である日本人をことさら糾弾する時、彼は安心感を覚える。彼は完全に日本人に甘えている。なぜなら、日本列島の上の中国人も朝鮮人も彼のようには振る舞わない。

東京大学の物理学者の押川正毅の会話話法〜大澤昇平と森喜朗とPCR検査〜
 押川正毅は大和民族の日本国であり、彼の職業は理論物理学者である。契約相手である日本国民から見ると、彼は非常に深刻な問題を抱えたホモ・サピエンスである。その問題とは、彼れには社会性(ソサエティ)がないことである。その結果として、彼は他人と会話できない。以下では、俺らは押川の問題点を提示する。一般的に、理論物理学者や数学者には、発達障害やアスペルガーが多いように見える。この種の人間が神様の贈り物(先生)として崇拝されてきたのは、押川のソサエティの未開性を暗示している。未開社会では、障害者が神様の先生として崇拝されるように、日本列島では学者は神様の贈り物として崇拝されてきた。先生と呼ばれる方も自分を神様で偉いと勘違いしてきた。1章 押川正毅と会話 押川正毅と会話:押川正毅は他者と会話できない。 正確には、他者と対峙が必要な場面において、押川正毅は他者と真剣に会話できない。この種の性質は押川正毅だけでなく、大栗博司や菊池誠やその他の全ての大和民族の科学者や数学者に該当する。会話作法はテクノロジーでなくソサエティに属する。彼らはまともなソサ...
タイトルとURLをコピーしました