川淵三郎に対する岩田健太郎の反社会的行為〜告げ口や内通行為〜

大和民族
広告

 森・元総理がオリンピックのchielfを辞任した後、川淵三郎がchieifに選ばれた。川淵の過去の発言がtwitterで探し出されて、川淵が韓国を割ときつく批判していることが発見された。その後、岩田は上記の発言を英語で呟いた。

日本人の大部分は彼の行為は白人にチクって日本人を叱らせて萎縮している、ビビっている日本人を見て楽しもうとしていると感じた。俺は日本人の感覚に賛成する。以下では、俺は岩田の行為とその心理、そして岩田に対する刑罰を提示する。

広告

1章 岩田健太郎の行為

1節 自己の意見を提示しない

 岩田健太郎は川淵に対する自己の意見を彼自身で提示しない。もし岩田が川淵を極右と感じて、彼の行為や発言を批判したいならば、彼は彼自身の言葉で川淵を批判する必要がある。岩田は彼自身は川淵の考えや意見に反対であるとも、彼の発言や行為はオリンピックのchielfにふさわしいとも彼自身で表現しない。

けれども、岩田は川淵を英語で far-right と関連づけて、英語圏へと告げ口(内通)しようとしている。岩田が far-right という単語を使用したのは「もし川淵が far-right であるならば、白人が川淵を怒ってくれそうである」と本能的に感じたからである。

岩田にとって、far-rightとは「 far-right=白人が怒る」であり、彼は極右であることが本当に問題であると感じていない。彼は何をすれば白人が怒ってくれるか、西洋社会で問題になるかしか考えていないように見える。

2節 社会性の欠如

 俺が岩田健太郎の行為を見るとき、俺は彼は彼自身の日本社会や日本国を彼自身で作っていくつもりがないように思える。だからこそ、彼は何かあると日本人を白人に怒らせようとする。けれども、彼は彼自身の意見を彼自身で絶対に言おうとしない。

例えば、ある政治家aが民主制度に反対であると主張するとき、岩田はその発言を英語に訳して、「白人様、見てください。政治家aが民主制度に反対と言ってます。こいつは悪いやつです!」と告げ口してしまう。岩田は日本国の統治制度を自分たちでどうするのかということすら考えられない。

運動選手で例えると、岩田はサッカーチームaに所属しているのに、チームaで問題が発生すると、彼は彼自身の意見を主張して、彼自身のチームaを改善するつもりがない。彼はチームaに形式的には所属しているのに、彼はチームbに彼の問題をチクってチームbの人間にチームaの構成員を叱らせようとする。西洋文明と東洋文明では、実行している運動競技それ自体が卓球とサッカー程度には異なる。

3節 所属意識の欠如

 俺が岩田健太郎の行為を見るとき、俺は岩田健太郎は日本国や日本社会、大和民族や東洋小人種、そしてモンゴロイド人種に所属していないと審判する。だから、岩田は他人事のように白人に告げ口して、日本人を白人に叱らせようとする。

そして、たとえ白人がオリエンタリズムに基づいて、モンゴロイド人種を人種的に侮辱するとしても、岩田健太郎は知らんぷりするか、それを他人事のように喜んでいる。もし彼が日本社会や日本国へと帰属意識があるならば、彼は彼自身の言葉で川淵を批判しようとする。

そして、もし岩田健太郎がモンゴロイド人種へと所属意識(所属認識)が存在するならば、彼は森の発言を批判しつつ、彼は欧州人によるオリエンタリズムを批判できたはずである。一般的に、大和民族の学者は日本社会や日本国への帰属意識もモンゴロイド人種への帰属意識も持っていない。だからこそ、岩田健太郎は彼自身の人種が人種的に侮辱されるとしても、彼は知らんぷりをする。

 彼の行為はサッカーの授業中や運動会で立ちんぼするキモオタと同じである。彼らは授業中に自陣が白人に責められても、彼らは立ちんぼしてぼーっと見ているだけである。なぜなら、この種のキモオタは社会性を持たず、彼らは自己のチームへの所属意識を持っていない。

だからこそ、自己のチームが不利になるとしても、攻撃されるとしても、知らんぷりしてぼーっとしている(あるいは、オタク同士でぺちゃくちゃ喋っている)

2章 岩田健太郎の心理

1節 他人を困らせて注意を引きたい

 岩田健太郎はこの種の告げ口行為を繰り返してきた。なぜなら、彼は日本人が西側白人に怒られて萎縮して困っているところを白人と一緒になって笑ってみたいと考えてきた。岩田健太郎が自己の意見を提示せずに、西側白人に告げ口しようとするのはそうすれば、日本人が慌てふためいて、岩田に構う、言い換えると日本人の注意が岩田へと向くと錯覚している。

この種の心理は非常に幼児的である。彼の行為はまるで母親の気をひきたい子供が泣いたり、部屋の中のものを意図的に破壊する行為に等しい。下記の行為は性根腐っていると指摘されている。その指摘も正しいが、正確には異常なまでの幼稚性と反社会性である。

3章 岩田の実際の呟き

1節 地球へ

 上記の「地球」の疑問は正当である。もし岩田が川淵を極右を感じて、彼が極右であることを悪いと判断するならば、彼は日本語でそれをきちんと主張する必要がある。なぜなら、岩田は日本社会の所属者であり、日本社会の言語は日本語であり、英語でない。

上記では、岩田は何語で書こうが俺の自由だと言ったが、彼は日本社会への所属意識を持っていないので、彼はこの種の白々しいごまかしを提示する。彼は英語圏の西側白人に日本人を叱らせて、萎縮している様子を楽しみたい、あるいは自分への注意をひきたいと感じている。

だからこそ、彼は日本語でなく、英語で far-right と川淵を呼び、それを拡散して、白人に叱ってもらおうとする。まともな精神を持った人々はこの種の人間を深く軽蔑するが、日本では彼は先生と呼ばれている。

2節 yotuyoti

 上記の人間が岩田を見下しているのは、岩田が彼自身の言葉で川淵をきちんと批判しないからである。岩田は自己の行為の善悪を判断できないので、彼は何を指摘されているか、批判されているのかを認識できない。彼は日本社会への所属認識や所属意識をきちんと持ち、彼自身の言葉で川淵を批判する必要がある。

岩田は彼の行為の卑しさや卑怯さを批判されているが、彼は理解できないように見える。岩田は相手が困って慌てふためいているのを見て喜んでいる。

 岩田の行為は都合の悪い真実を暴露したのでなく、損害を日本国や日本国民に与えた。岩田は告発したのでなく、西側白人に告げ口行為や内通行為を実行して、西側白人に日本人を叱らせようとした。彼の行為は欧州人によるモンゴロイド人種の人種的な偏見を強化させた。

3節 その他の人間の呟き