新型コロナウイルスにおけるテクニックとテクノロジーとソサエティに関する思考について

文明
https://en.wikipedia.org/wiki/Virus
広告

 現在、新型コロナウイルスが蔓延している。俺らがそのウイルスに対する西洋人と東洋人の思考を観察する時、俺らはテクニックとテクノロジーとソサエティの違いを把握する。以下では、俺はテクニックとテクノロジーとソサエティを提示する。俺らは「新型コロナウイルスへの感染を防止する」ことを「目的」とする。

広告

テクニック

 テクニック:テクニック的な思考では、人間はマスクや手洗い・うがい、人間同士の接触を避けて、ウイルス感染を防止する。

 東洋人の大部分はこのテクニック的な思考を採用している。そして、東洋地域は新型コロナウイルスをある程度うまく抑え込むことに成功している。東洋人はマスクをきちんと着用して、人間同士の接触を避けている。

その結果として、彼らは「新型コロナウイルスへの感染を防止する」という目的を達している。東洋地域には、日本国や韓国や中国、モンゴル国が存在する。彼らは感染の防止に関するテクニックに優れ、テクニックを用いて、目的を達成している。

テクノロジー

 テクノロジー:テクノロジー思考では、人間はワクチン(テクノロジー)を使用して、ウイルス感染を防止(解決)する。

 西洋人、特にアメリカ合衆国は製薬会社の協力を得て、ワクチンを使用して、ウイルス感染を防止しようとしている。現時点では、彼らの試みが正常に機能するのかは未知数である。しかし、彼らはワクチンというテクノロジーを使用して、「新型コロナウイルスへの感染を防止する」という目的を達し用としている。

俺らがテクノロジーの意味を把握しようとするとき、俺らは西洋人の思考や行動を観察する。西洋人はテクニック的な思考でないので、彼らはマスクを着用しない。加えて、彼らはパーティへと出かけて、ウイルスに感染して、時に死亡する。

しかし、彼らはワクチンや科学テクノロジーを使用して、彼らはウイルスそのものを消滅させたり、感染に対する科学的な耐性を獲得しようとする。彼らはウイルス感染防止に関するテクニックを持たないが、彼らはウイルス感染防止に関するテクノロジーを持っている。

ソサエティ

 ソサエティ:ソサエティ的な思考では、人間は野生動物に関する生鮮市場を廃止して、ウイルス感染を防止(解決)する。

 ソサエティな思考では、俺らは野生動物に関する生鮮市場を廃止して、ウイルス感染をあらかじめ防止(解決)する。当然であるが、ウイルスが爆発しなければ、感染爆発は存在しないし、人間へのウイルスの感染も生じない。だから、ソサエティな思考で、俺らは「新型コロナウイルスへの感染を防止する」という目的を達する。

ソサエティを運動競技と仮定する。ソサエティ的な思考では、俺らは運動競技をうまく設定して、不必要なウイルスそれ自体が発生しない運動競技を形成しようとする。これがソサエティ的な思考である。

今回の感染爆発が中国の武漢における生鮮市場であるかは不明である。もしその憶測が事実であるならば、その時、大陸東洋人はソサエティな思考を持っていなかったことになる。しかし、彼らはテクニック的な思考に優れているので、ウイルスに対処できている。