大阪大学の菊池誠の父が園芸学者の菊池卓郎で祖父が菊池 秋雄であったことの意味

大和民族
https://nypost.com/2015/12/28/real-life-elephant-man-is-worshiped-like-a-god-begs-to-stay-alive/
広告

父は園芸学者で弘前大学名誉教授の菊池卓郎[11]。伯父(父の兄)の菊池秀夫三井鉱山常務、河北新報取締役、東海大学名誉教授[12]。祖父は園芸学者で京都大学園芸学教室の初代の教授だった菊池秋雄[13]。祖母(秋雄の妻)のたけは、河北新報創業者一力健治郎の娘。曽祖父の菊池楯衛は、「青森りんごの始祖」と呼ばれる人物[14]

https://ja.wikipedia.org/wiki/菊池秋雄

 俺は大阪大学の菊池誠は発達障害やアスペルガー、その他の精神疾患や知的障害を持っているのでないかと疑っている。実際、理論物理学者や数学者は普通でなく、知的障害を持っているように見える。

俺が彼のwikipediaを見て、俺は菊池の振る舞いの異常性に納得した。なぜなら、菊池誠は学者の家系であった。以下では、俺は「大阪大学の菊池誠の父が園芸学者の菊池卓郎で祖父が菊池 秋雄であった」ことの意味を提示する。

また、以下では、テクノロジー的な思考でなく、ソサエティ的な思考を提示する。

エドゥアルド・アインシュタイの統合失調症の意味〜学者や研究者の家系の意味〜
 エドゥアルト・アインシュタイン(Eduard Einstein、1910年7月28日–1965年10月25日)は、物理学者のアルベルト・アインシュタインとミレヴァ・マリッチとの間の次男。アシュケナジムユダヤ人である。優等生で音楽の才能にも恵まれていたエドゥアルトは、精神科医になるべく、大学の医学部に進学した。しかし、20歳頃から統合失調症を患うようになり、最初の発病から2年後に精神病院に収容されることとなった。エドゥアルト・アインシュタイン アインシュタインの次男は統合失調症を患ったらしい。統合失調症はおそらく遺伝的な病気であるように思える。以下では、俺は「アインシュタインの次男は統合失調症を患った」ことの意味を提示する。なお、その意味はテクノロジー的な思考でなく、ソサエティー的な思考である。大和民族の科学者や数学者はテクノロジー的な思考を持つが、ソサエティ的な思考を持たない。だから、彼らは「アインシュタインの次男は統合失調症を患った」ことの意味を把握できない。上記では、アインシュタインの次男はアシュケナジム・ユダヤ人であると書かれている。しかし、それは西洋...
広告

菊池誠の家系が学者の家系であることの意味

 菊池誠の家系が学者の家系であることの意味:菊池誠やその子供は何らかの知的障害や精神疾患を持っていてもおかしくない。

 その意味とは、「菊池誠やその子供は何らかの知的障害や精神疾患を持っているかもしれいない」ことである。大和民族のソサエティでは、学者やその家系は先生であり、”スゴイ家系” であると認識されている。しかし、学者の家系とは、病気の家系でもある。

一般的に、未開社会ではダウン症のような病気やサヴァン症候群?のような特殊な才能を持つ人々は「神様の贈り物」として未開人によって崇拝されてきた。実際、インドでは、エレファントマンが多神教における神様として崇拝されているらしい。菊池誠やその家系が「先生」と呼ばれるのはこの種の延長線上である。

上記でも述べたが、アインシュタインの次男は統合失調症を患ったらしい。菊池の家系が学者の家系であることがその統合失調症の家系であることに似ている。東洋人は礼の文明を持つので、その事実を直接的には指摘しないけれども。

菊池の行為

 twitterを見ると、菊池は契約相手である日本国民と全く会話できないでいる。そして、彼は差別という単語を好み、他人をドイツ人のように糾弾する。加えて、彼は自己の感情を制御できず、本当にアスペのようなヒステリを発してしまう。

俺が菊池の行為と彼が理論物理に長けていることを鑑みると、俺は彼はなんらかの知的障害や精神疾患を本当に持っているのでないかと疑う(物理学者や数学者に多い類型)。この種の病的な人間が先生と呼ばれて、神様のように崇拝されてきたことは、大和民族のソサエティの未開性と未熟さを暗示している。

実際、菊池や学者自身も先生と呼ばれて、彼らは勘違いして、自分を神様のように感じている。そして、彼らは彼ら自身が人類を科学で救っているという英雄的な妄想(神様的な妄想)を持っている。「先生」という呼び名や「科学は人類の役に立つ」という音は菊池らを神様か何かであると実際に勘違いさせているように見える。

学者は先生か?〜障害者を神様と呼ぶこと〜

 俺の認識:障害者が神様からの贈り物でないように、学者は先生でない。

 障害者が神様からの贈り物でないように、学者は先生でない。障害者に必要なのは、医療テクノロジーであり、神様として崇拝することでない。同様に、学者の一部に必要なのは、医療テクノロジーであり、先生として崇拝することでない。

大和民族側も学者を先生と呼ぶことを止める必要がある。しかし、インドがそうであるように、エレファントマンは民衆から神様の贈り物として崇拝されている。同様に、日本列島では、学者は民衆から先生として崇拝されている。

本来であれば、先生とは孔子や孟子のような宗教的な指導者であり、菊池誠でない。実際、彼にはテクノロジーが存在するが、ソサエティが存在しない。だからこそ、彼は他人と会話できない。

菊池誠は契約(約束)とお金の概念を認識できるか?〜学術会議と中国に関する呟き〜
 俺は菊池誠は他者との契約(約束)それ自体とお金の概念を認識できないホモ・サピエンスであると審判する。なぜなら、彼は自己の宗教や文明を持たないので、彼は宗教や文明が与える契約観(約束観)を持っていない。その結果、菊池は日本国民や学生を彼の契約相手と認識できない。この状態は悪い(レッドカード)。なぜなら、この時、彼は損害を契約相手に与える。悪いことに、菊池は契約だけでなく、損害も損害に対する埋め合わせも認識できない。そのため、彼は損害に対する埋め合わせを実行しようとしない。さらに悪いことに、彼は刑罰も認識できないので、損害に対する刑罰を「学問の自由の侵害」などを喚いて、彼のヒステリで必死に回避しようとする。以下で、俺らは菊池誠の契約観(約束観)を見てみよう。その時、俺らは知識でなく、物事の意味を重視する。俺は大和民族の学者は非常識や世間知らずでなく、異常者であると審判する。1章 菊池誠と契約俺の認識 菊池誠は契約(約束)それ自体とお金の概念を認識できないホモ・サピエンスである。 以下で、俺らは菊池の呟きを見よう。俺らが彼の言語的な反応の奇妙さを見...
タイトルとURLをコピーしました