トヨタ自動車の「ウーブン・シティ」とカタカナ用語

日本社会
https://ja.wikipedia.org/wiki/河野太郎
広告

 トヨタ自動車は23日、静岡県裾野市で計画する先端技術都市「ウーブン・シティ」の建設に着手した。今後、人を住まわせて自動運転をはじめとする人工知能(AI)や通信を活用した実験を行い、社会課題の解決に役立つ新たなサービスや製品の開発につなげる。23日の地鎮祭で豊田章男社長は「多様性を持つ人々が幸せに暮らせる未来を創造することに挑戦する」と意欲を示した

https://this.kiji.is/736866911755321344?c=39550187727945729

 以下では、俺はトヨタ自動車のトヨタ社長の発言の問題点を提示する。一つはカタカナ用語であり、二つ目は「多様性」である。個人的には、俺は21世紀中にトヨタ自動車だけでなく、日本国それ自体が分裂するか、崩壊すると予想する。

広告

1章 ウーブン・シティ?〜意味不明なカタカナ用語〜

 ウーブン・シティ:ウーブン・シティというカタカナ用語は悪い。豊田は日本語を使用せよ。

 俺はウーブン・シティという単語を見たとき、俺はウーブンが何であるかを理解できなかった。個人的には、俺は「はたおり都市」で良いと感じる。日本企業に自由にさせると、彼らは不要なカタカナ用語を不必要に使用して、彼らは日本語を破壊する方向に運動する。

企業や商業は蓄財や人体における臓器に等しく、ソサエティそれ自体でない。企業に好きにさせると、不要なカタカナ用語が蔓延して、彼らは日本語を破壊し始める。言語はソサエティの産物であり、企業の産物でない。

理由

 豊田がカタカナ用語を使用するのは雰囲気である。彼らはなんとなくかっこいい、なんとなく未来っぽい、なんとなく白人的である。だから、彼らはカタカナ用語を使用する。

加えて、彼らはカタカナ用語を使用して、彼らの未熟な考えを誤魔化したいという悪意が存在する。これは小池の意味不明なアウフヘーベンと同じである。カタカナ用語を使用すると、彼らはなんとなく他人に優位に立っているような気がする。

解決案

 ソサエティに関する事業は日本国の統治者によって厳密に管理。統治される。例えば、言語や都市景観は日本国の統治者によって管理。統治されて、企業の好きにはさせない。

繰り返すが、企業や商人は蓄財や臓器であり、人体やソサエティそれ自体でない。だから、企業の好きにさせると、国家やソサエティが腐敗する。実際、ウーブン・シティでは、ほとんどの日本人は意思疎通を実行できない。

2章 多様性の問題

 多様性の問題:多様性を賛美することはモンゴロイド人種を危険に晒す。

 アメリカ大陸の多様性はモンゴロイド人種に対する虐殺と絶滅の結果である。だから、その多様性を賛美することはモンゴロイド人種に対する侮辱と中傷である。加えて、あの虐殺を賛美することは将来的な損害をモンゴロイド人種に与える。

だから、豊田社長が多様性を賛美することは悪い(レッドカード)。多様性という単語を使用すると、西洋、特にアメリカにおける多様性と混同される。もし異人種や異民族と一緒に労働したいならば、社長は中国の唐王朝を引き合いに出す必要がある。

東洋文明では、アメリカ大陸における多様性には、何ら歴史的かつ宗教的な正当性が存在しない。モンゴロイド人種にとって、多様性はユダヤ教徒にとってナチスやホロコーストと同様に「死」を暗示させる。

タイトルとURLをコピーしました