対象詞

言語
https://unsplash.com/photos/o2DVsV2PnHE
広告

 以下では、俺らは対象詞を提示する。俺らは存在詞を名詞から分離するために、俺らは対象詞という単語を提示する。

広告

対象詞

 対象詞:対象詞とは、対象を単語に対応させる品詞である。

 対象詞とは、対象を単語に対応させる品詞である。例えば、ドローンが存在する。俺が「ドローンよ、動け」と唱えるとき、ドローンは動く。

「ドローン」が対象詞である。俺らが「ドローン」と唱えるとき、その対象をドローンという単語に対応させる。その後、俺は「ドローンよ、いでよ、〜(存在詞)」と存在詞を使用して、ドローンを存在させる。

上記の流れをまとめると、まず始めに、俺らは対象を単語に対象詞で対応させる。次に、俺らはその対象を存在詞で存在させる。(もし状態化されているならば)、最後に、俺らはその対象を運動詞で運動させる。

具体例

 安倍晋三は対象詞である。安倍晋三は、あの対象を安倍晋三という単語に対応させる品詞である。従って、安倍晋三は対象詞である。