橋本崇載八段の引退と妻による子供の連れ去り(誘拐)〜男女平等と木村草太による女性優遇〜

大和民族
https://www.shogi.or.jp/player/pro/239.html
広告

 日本将棋連盟は2日、公式HPで橋本崇載八段(38)の引退を発表した。引退理由は「一身上の都合」とされ、連盟は「本人の意思を尊重しこれを受理した」と説明しているが、この発表後、橋本八段がYouTubeチャンネルを開設。引退の衝撃理由を明かしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ded471ee4e0ef72e3a2ceccf9a1c19b896c0411

 以下では、俺は日本国の法律や弁護士に関する問題を提示する。その問題とは、日本国の法律は男女平等でもなく、単なる女性優遇であることである。日本国の法律は弁護士が女性にモテるため、あるいは女性にいいことをして感謝されたいために存在しているように見える。

男女平等の平等はキリスト教由来であり、東洋人はその平等に賛成しないだろう。しかし、ここではそれを問題にしない。ここでは、俺らは日本国の法律が男女平等でも男女公平でもその他の概念でもないことを問題とする。

また、橋本崇載の発言は一方的なものであり、眉に唾をつけて読む必要がある。下記の動画には、妻側の言い分が存在しない。橋本崇載に問題が存在する可能性もきちんと考慮される。

広告

問題点〜ちんぽ騎士化〜

 問題点:日本国の法律は女性優遇になっていて、男女平等でも男女公平でもない。

 橋本崇載の発言が本当であるならば、妻による子供の連れ去り(誘拐)である。俺の印象では、妻は誘拐犯として罰されない。加えて、妻が親権をなぜか獲得するように思える。

大和民族の雌による中間種の誘拐やその後の親権の獲得は男女平等の観点から長いあいだ批判されてきた。特に、大和民族の法律家や弁護士、木村草太のような学者はごまかしや意味不明や屁理屈をこねて、女性に親権を与えようとする。

たとえ問題が女性側に存在するとしても、なぜか親権が女性に与えられている。大和民族はこの状態を女性優遇よりも、小保方晴子化やちょまど化、オタサーの姫化しているように感じている。直接的な表現では、「女にもてたいから、女性に親権!女がかわいそうだから、女性に親権!」である。

女性に良い事をしたい

 日本国の法律は大和民族の法律家が女性に良い事をしたいための道具になっている。これは大和民族の科学者が男女平等や女性差別を掲げて、サークルの姫を生み出すことに似ている。その結果、彼らは男女平等を掲げながら、女性優遇の群れを形成する。

女性優遇の代表例は上記の親権に関する話である。加えて、レディースデイや研究者の女性の優先的な雇用や東大での優遇がそれに該当する。また、伊藤詩織や木村花は可愛いから、可哀想だからといって、彼女らに対する慰謝料は高額であるべきなどという日本人の疑い、不信感が非常に根強く存在している。

大和民族の法律関係者は正義を主張するが、彼らは感謝されたい、良い事をしたいという衝動で運動する。その結果、白人に感謝されるために、黒人奴隷を白人にうった黒人の王様のような事を平気でやってしまう。大和民族の法律関係者には、信仰や善悪が存在しない。

理由〜なぜ女性優遇が維持される?〜

 理由:大和民族の法律家は自己の宗教や善悪を絶対に明らかにせずに話し続ける。その結果、女性優遇が延々と残される。

 大和民族の法律家は自己の宗教や善悪を絶対に明らかにしようとしない。その結果、女性優遇が延々と残される。彼らは非常に卑怯であり、彼らは自己の宗教や善悪を隠蔽して、法律や親権問題に関する政治活動をしようとする。

たとえ俺が「木村草太よ、君の宗教は何?キリスト教?もしそうならば、男女平等を信仰しているのか?もしそうならば、親権も男女平等である必要があるのでは?」と質問するとしても、木村草太のような大和民族の法律家は自己の宗教も善悪も絶対に明らかにしようとしない。彼らは自己の宗教や善悪を誤魔化して、憲法や法律を引用し続ける。

木村草太のような大和民族の法律家は女性の辛さや統計や女性の差別構造を延々と引用して、ごね始める。そして、木村草太のような大和民族の法律家は相手に同意や共感、納得を得て、女性への親権を維持しようとする。木村草太のような大和民族の法律家は「俺らはキリスト教を信仰している。だから、男女平等が善である」と主張しない。

よくある会話と返答

 例えば、ある日本人が親権に関する女性優遇を批判するとき、木村草太のような大和民族の法律家は「日本社会には女性の差別構造が存在して、女性は精神的に追い詰められていて〜」と返答する。または、「女性は子育てに向いていて〜」や「子供が母親といると〜」や「親権は女性優遇でない〜」と返答する。けれども、木村草太のような大和民族の法律家は「俺らは男女平等を信仰している」と絶対に主張しない。

彼らは自己の宗教や自己の男女観、自己の善悪を隠して、親権に関する問題を語ろうとする。これは非常に卑怯である。彼らは自己の実現したいソサエティを隠しながら、女性を延々に擁護する。これは運動選手が自己の運動競技や自己のレッドカード(ハンドがレッドカードなのか、キックがレッドカードなのか)を隠しながら、運動競技や運動業界について語っているような状態である。

将棋で例えると、木村草太のような大和民族の法律家は二歩がレッドカードであるのか、将棋という運動競技を実現させたいのかを隠蔽しながら、棋士を名乗っているような状態である。囲碁のプロも将棋のプロも自己の運動競技や自己のレッドカード(何が反則)かをはじめに明らかにしながら、運動競技について語り始める。けれども、木村草太のような大和民族の法律家は自己の宗教(運動競技)も自己の善悪(レッドカード)も隠しながら、話す。その結果、親権における女性優遇が残り続ける。

解決案

 解決案:善悪を質問せよ。

 大和民族の法律関係者は自己の善悪(レッドカード)を表現せずに、彼らは親権に関して話し始める。だから、俺らは彼らに「男女平等は善か悪か」とはじめに尋ねる必要がある。その後、俺らは「もし男女平等が善であるならば、親権における女性優遇は男女平等に矛盾する」と返答する。

大和民族の法律関係者は自己の善悪を提示しない。その結果、彼らの発言は矛盾しないようになっている。だから、矛盾させるためには、俺らは善悪を彼らに提示させる必要がある。たとえ大和民族の法律関係者が法律を引用するとしても、もし彼らが自己の善悪を提示しないならば、大和民族の法律関係者は絶対に矛盾しない。ゴネは保存される。

相手から矛盾を引き出すためには、善悪を引き出せ。もっというと、俺らは大和民族の法律関係者の信仰を引き出す必要がある。大和民族の法律関係者は男女平等も男女公平もその他の状態も何も信仰していない。だから、彼らは女性優遇をしても、責任を負わなくても良いようになっている。矛盾は善悪に、責任は信仰に関係する。

 「善悪を引き出せば、矛盾させることができる。信仰を引き出せば、責任を問うことができる」

ハーグ条約と日本人女性による子供の連れ去りと人種差別〜白人ハーフの子供を自慢したい〜
 大和民族の雌による中間種の連れ去りは国際的な問題になってきた。外国人の夫は日本人女性を北朝鮮のような拉致や誘拐犯と感じているように見える。以下では、俺らは日本人女性による子供の連れ去りと人種差別、そして日本国の法律関係者の問題点を提示する。子供の連れ去りと人種差別 子供の連れ去りと人種差別:大和民族の雌による中間種の子供の連れ去りには、西洋文明における人種差別意識が存在する。白人ハーフの子供を自慢したい 大和民族の雌による中間種の子供の連れ去りには、西洋文明における人種差別意識が存在する。大和民族の雌は白人との中間種の子供を日本列島の上で大和民族に自慢したい。だから、大和民族の雌は白人との中間種の子供を連れ去る。大和民族の雌による子供の誘拐や拉致の問題は誘拐や拉致だけの問題でない。そこには、西洋文明における人種差別、つまり白人至上主義の問題が存在する。大和民族の雌は白人との中間種の子供を日本人に見せびらかして、ママ友同士のポケモンバトルに勝利したい。だから、大和民族の雌は子供を西洋から日本へと連れ去る。当然、その結果、中間種の子供...