発達障害(アスペルガー)は言葉(単語)の意味を把握できるか?〜大阪大学の菊池誠や大阪大学の猿倉信彦に思う〜

ホモ・サピエンス生物種
https://ja.wikipedia.org/wiki/関数_(数学)
広告

 俺がアスペ?の発言や行為を観察するとき、俺はアスペは言葉の意味を把握できないと審判する。以下では、俺らは彼らの行為を観察して、名前を彼らに与えよう。なお、アスペは医学用語でなく、俺の言葉である。

広告

俺の審判

 俺の審判:アスペは単語の意味を把握できない。

 アスペは単語の意味を把握できない。アスペには、大阪大学の菊池誠や大阪大学の猿倉信彦が存在して、彼らは言葉の意味を把握できないように見える。この種の人間は科学者や数学者に多いように見える。

差別とアスペ

 俺はアスペは差別という単語を非常に好むと審判する。しかし、彼らは差別という単語の意味を把握しないで、彼らは差別という単語を使用する。アスペは差別という単語を単なる音声や文字と感じている。

アスペにとって、差別とは「アスペが差別と唱えるとき、相手が沈黙する音声」である。その差別は数学における関数に似ている。アスペにとって、差別とは F(差別)→沈黙である。Fは関数記号であり、沈黙は正確には相手の沈黙反応である。

アスペは差別という単語を「差別を相手に入力すると、沈黙という出力が相手から生じる」と感じている。そのため、アスペは意味もわからず、不安を感じたり、不利益を被るとき、彼らは「差別だ!」と脈略なく叫び始める。そこには意味がない。

ナチス

 俺はナチスは差別という単語を非常に好むと審判する。しかし、彼らはナチスという単語の意味を把握しないで、彼らはナチスという単語を使用する。ナチスは差別という単語を単なる音声や文字と感じている。

実際、アスペはキリスト教徒でも白人でも政治家でもない人間をナチスと呼ぶ。その行為には、ナチスによる虐殺の背景や動機は存在しない。アスペにとって、ナチスとは「アスペがナチスと唱えるとき、相手が沈黙する音声」である。そのナチスは数学における関数に似ている。アスペにとって、ナチスとは F(ナチス)→沈黙である。Fは関数記号であり、沈黙は正確には相手の沈黙反応である。

アスペは差別という単語を「ナチスを相手に入力すると、沈黙という出力が相手から生じる」と感じている。そのため、アスペは意味もわからず、不安を感じたり、不利益を被るとき、彼らは「ナチスだ!」と脈略なく叫び始める。そこには意味がない。

関数機

 用語:関数機とは、単語を関数的に使用するホモ・サピエンスである。

 ある主体やある対象がある単語を他の対象に入力するとき、ある出力がその他の対象から生じる。ある主体やある対象が「単語を他の対象への入力と他の対象からの機械的な出力のように使用する」とき、俺らは「単語を関数的に使用する」と呼ぶ。

省略系は関使(かんし)する。単語を関使(かんし)するとは、「単語を他の対象への入力と他の対象からの機械的な出力のように使用する」ことである。数学における関数は、日常的には、ある数と別の数との一対一の対応規則であった。

上記を書き直すと、関数機とは、単語を関使(かんし)するホモ・サピエンスである。日常的には、関数機は「ネジ巻き」である。

アスペと関数機

 アスペが上記の性質を持つと仮定する。つまり、俺らはアスペが差別やナチスを上記のように使用すると仮定する。そのとき、アスペは関数機である。

差別は単語である。アスペは差別をF(差別)→沈黙のように使用する。ナチスは単語である。アスペはF(ナチス)→沈黙のように使用する。俺らは単語のF(差別)→沈黙のような使用を関数的に使用すると認識する。

関数機とは、単語を関使(かんし)するホモ・サピエンスである。このとき、アスペは(差別やナチスという)単語を関数的に使用しているホモ・サピエンスである。従って、アスペは関数機である。