統計学者の真木和彦?(willyoes)の行為〜米ウェイン州立大学数学科准教授〜

大和民族
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/21370
広告

 Twitterの上の willyoes はおそらく統計学者の真木和彦(willyoes)であるように思える。俺が彼の発言を読んだ後、俺は強烈な違和感と覚えた。以下では、俺は真木和彦(willyoes)の行為を提示しながら、日本人の典型的な振る舞いを提示する。

広告

真木和彦(willyoes)の奇妙な呟き

 俺の印象:真木和彦(willyoes)は白人を延々と擁護するような呟きを繰り返してきた。

 以下では、俺は真木和彦(willyoes)の呟きを提示する。俺は下記の呟きを読んだ後、俺は彼の呟きに違和感を覚えた。真木和彦(willyoes)は譲歩や妥協を日本人に常に求めようとする。たとえ日本人が虐殺されるとしても。

原爆

 欧州人がアメリカ大陸から原子力爆弾を投下して、一瞬で数万人のモンゴロイド人種を虐殺した。正常な思考を持った日本人はこの種の原子力爆弾の投下に反対する。なぜなら、悲劇の防止と民間人に対する虐殺、そして西洋文明におけるracismや国民国家のおかしさを訴え出るためである。

しかし、真木和彦はなぜか日本も悪かったという方向に持っていこうとする。この種の日本人は真木和彦だけでなく、彼らは「もし日本が原爆を持っていたら、日本も〜」と言って、アメリカ大陸の上の欧州人を絶対に批判しようとしない。真木和彦はまるであの時はしょうがなかったと言おうとしているように見える。

真木和彦は大和民族であり、日本国民である。にも関わらず、彼は大和民族や日本国、もっというとモンゴロイド人種や有色人種に不利益を与えるような発言を繰り返して、白人を擁護しようとする。その結果が上記の原爆の投下の肯定である。原爆の投下に関する擁護のような真木和彦の発言はモンゴロイド人種全体を危険にさらしている。

コロナウイルス

 現在、コロナウイルスに関して、アメリカ大陸におけるモンゴロイド人はネグロイド人や欧州人によって暴力を振るわれている。この種の人種的な暴力に関して、モンゴロイド人種は声を上げ始めた。けれども、真木和彦はなぜかモンゴロイド人種の運動を妨害しようとする。

真木和彦は大和民族を含むモンゴロイド人種が白人と対峙するような政治運動を実行すると、真木和彦はその活動を妨害するような発言を繰り返す。上記の原子力爆弾の投下に関する擁護も同じであり、真木和彦はなぜか白人に都合の良い、白人の暴力を肯定するような行為を繰り返してしまう。

モンゴロイド人種が白人に抵抗しようとすると、真木和彦はその抵抗を妨害して、モンゴロイド人種が無防備になり、白人に抵抗しないように期待しているように見える。その結果、モンゴロイド人種は人種的な暴力に晒されるとしても、彼らは真木和彦のような妨害行為によって何も言えなくなる。

真木和彦の本音

 真木和彦の本音:真木和彦(willyoes)は白人の機嫌を損ねることを何よりも恐れる。

 真木和彦(willyoes)は白人の機嫌を損ねることを何よりも恐れる。そのため、真木和彦(willyoes)は日本人に白人の機嫌を損ねなように振る舞うことを暗に要求する。その結果、日本人は奴隷的な状態になるか、八岐大蛇の生贄になる。

具体例〜生贄〜

 真木和彦の行為は左の行為に似ている。八岐大蛇が白人であり、村人(土人)が真木和彦である。真木和彦は八岐大蛇の機嫌を損ねることを何よりも恐れて、大和民族という娘を白人の生贄に捧げてしまう。

そのため、真木和彦は日本人が白人の暴力に抵抗せずに何も言わずに死んでいくことを暗に望む。なぜなら、その時、真木和彦は白人と対峙しなくてよく、大学の周りの白人にも嫌われない。真木和彦は自己の不安を回避するために、自分の安心を獲得するためならば、同胞である大和民族を含むモンゴロイド人種を生贄に無自覚的に捧げようとしている。

たとえ大和民族は原爆によって虐殺されるとしても、たとえモンゴロイド人種が人種的な暴力に晒されるとしても、真木和彦は日本人が何も言わず、何も抵抗しないことを暗に望む。なぜなら、日本人が白人に楯突く時、白人はその様子を見て、彼らの機嫌を損ねる。真木和彦はそれを何よりも恐れる。

 上記の女性の1/4は朝鮮民族である。少し外部から見ると、willyoesは上記のように見えるだろう。彼の行為は先生として適切でない。

大和民族
広告
広告
押せ
押せ
広告
俺らについて