出川哲朗の出演番組ゼロはキャンセルカルチャーか?〜玉木パスカルマリエ〜ー

大和民族
https://ja.wikipedia.org/wiki/ブレーズ・パスカル
広告

  タレント・マリエ(33)の「枕営業告発」騒動で名指し批判された芸人・出川哲朗(57)がついに〝出演番組ゼロ〟になってしまった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/64fa92fe32a56b7d7b9924a52804b66e11e3b62b

 玉木パスカルマリエが出川哲朗の枕営業を告発した。その結果、出川の出演番組がゼロになった。この状態に対して、一部の大和民族は「キャンセルカルチャー」という単語を持ち出した。

広告

俺の違和感

 俺の違和感:大和民族の一部(反リベラル・反ポリコレ)は西洋発祥のキャンセルカルチャーを嫌うが、日本国の状態をそのキャンセルカルチャーで論じようとする。

 大和民族の一部は西洋発祥のキャンセルカルチャーを嫌うが、日本国の状態をそのキャンセルカルチャーで論じようとする。その結果、宗教的にも歴史的も人種的にも正当性を持たないキャンセルカルチャーが本当に日本国の持ち込まれる。これはある日本人はオウム真理教でないのに、ポアという単語を使用し続けると、本当にオウム真理教に取り込まれることに似ている。

具体例

  上記の呟きが典型的な例である。俺の印象では、koshianはキャンセルカルチャーに反対している。けれども、彼は日本国の状態を彼自身で自発的にキャンセルカルチャーに例えようとする。もし彼がその文化を嫌うならば、彼は日本国の状態を西洋の基準で例えるべきでない。

彼は「告発のみで、出川の出演が禁じられることに強く反対する」と言えば良い。そして、この事件は枕営業に関する告発として処理すれば良い。にも関わらず、彼はその状態をキャンセルカルチャーという西洋の基準で積極的に例えようとする。

彼こそがキャンセルカルチャーの日本への植え付けを積極的に持ち込んでいる共犯者である。ある人間の行為をオウム真理教の基準で例えたり、説明しようとする時、オウム真理教の信者はその人間を「仲間」や「オウム真理教に親和的な人間」と感じるだろう。同様に、彼が日本国の現象をキャンセルカルチャーで例えるとき、西洋人は彼を「仲間」や「キャンセルカルチャー親和的な人間」と感じるだろう。

玉木パスカルマリエの問題点

人種的な問題点

 マリエはインスタで「出川さんがCMに出てるのがマジ許せない!」と発言。事務所による否定効果は小さく、「水面下でCMが止まった」という話も聞かれるが…。超売れっ子から一転、出演情報ゼロは何を意味するのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/64fa92fe32a56b7d7b9924a52804b66e11e3b62b

 玉木パスカルマリエはモンゴロイド人種とコーカサス人種の中間種(中央アジア的中間種)である。彼女の半分の小人種は欧州小人種である。つまり、彼女の半分は欧州人(白人)である。

今回の告発に、人種的な侮辱が存在しないのかをよく調査する必要がある。一般的に、白人やその中間種は有色人種を人種的に侮辱してきた。近代における植民地政策(搾取地政策)では、白人との中間種は共犯者であり、有色人に加害者側であってきた。

有色人が嫌いだから、告発は基本的に許可されない。西側白人との中間種の一部は自分の半分が醜い日本人(アジア人)であることを嫌って、日本人や日本政府を人種的に侮辱してきた。

宗教的な問題点

 玉木パスカルマリエはおそらくキリスト教徒かユダヤ教徒である。キリスト教徒かユダヤ教徒の性規範は儒教や仏教における性規範と異なる。彼女は自己の宗教や性規範を明らかにせずに、枕営業を批判している。

おそらく、出川哲朗と玉木パスカルマリエの宗教は異なる。だから、彼らは異なる善悪と性規範の下で生きてきただろう。彼らは自己の宗教や善悪を彼ら自身で提示した後、彼らは性のあり方についてきちんと提示する必要がある。

国籍の問題点

 玉木パスカルマリエの国籍はカナダ国籍である。異なる国民が証拠不明の告発を実行して、日本国民の仕事(職業)が失われるのは外国民による攻撃や侵略に等しい。もし彼女が正式に告発したいならば、彼女は国際問題を承知で告発を実行する必要がある。