カルチCalci(Calcijp)という関西人の医者の行為

大和民族
https://twitter.com/tsuda/photo
広告

 Calcijpは関西人であり、彼の職業は医者であるらしい。俺がCalcijpの発言を観察するとき、俺は関西人の独特な性質に気づいた。以下では、俺はCalcijpの性質を提示する。

広告

Calcijpの発言

預言者話法

 左の呟きは典型的な関西人の発言である。彼らはLGBTが恫喝のネタに使われるだろうと予想する。しかし、Calcijpは何もせずに傍観する。

関西人は未来を正確に預言しようとするが、彼らはその未来を彼ら自身の意志で制御しようとしない。彼らはLGBTが恫喝のネタになることが善であるか、悪であるかを判断できない。彼らは東南アジア人のように傍観するだけである。

たとえ俺が「LGBTが恫喝のネタになるならば、それを防止すれば良い」と提案するとしても、彼らは「だって、〜」と言って何もしない。関西人は未来を予言して、関西人の預言に沿って、他人が動いてくれることを期待するのみである。もしLGBTが関西地域における同和のように恫喝のネタに使用されるならば、その時、Calcijpは「ほらみろ、俺の言った通りだろ」と預言者を気取る。

祟り話法

 左の発言も実に関西人的である。彼らは「〜しないと、医療崩壊するぞ」と脅す。この脅しや脅迫、恫喝は関西人の話法に頻繁に観察される。

Calcijpは彼自身が善であると感じる考えや政策を提示して、その考えを論理で正当化しない。彼は「〜しないと、祟りが落ちるぞ」と頻繁に主張する。もし相手が関西人の言うことに服従しない、かつもし相手が失敗したならば、その時、その関西人は「俺の言った通りにしなかったから、ほらみろ失敗しただろう」と満足に語る。