なぜユダヤ教徒の白人は問題をいつも引き起こすのか?〜アメリカ合衆国は乗っ取られているか?〜

欧州文明
https://gab.com/NatureAndRace
広告

 ユダヤ教徒の白人は米国で強力な経済能力を持っている。ユダヤ教徒の白人は多様性や米国への移民や白人の人種比率の低下に賛成している。キリスト教徒の白人はユダヤ教徒の白人の行為を米国を破壊するだろうと予想している。

そのため、彼らはユダヤ教徒の白人はキリスト教社会をいつも破壊する。彼らは米国も破壊しようとしていると考えてきた。以下では、なぜこの種の状態がいつも発生するのかを提示する。

つまり、キリスト教徒の白人が社会や国家を形成する。その後、ユダヤ教徒の白人がその社会へと入ってきて、学術や経済で力を持つ。その後、ユダヤ教徒の白人がキリスト教の社会を破壊して、キリスト教徒の白人が切れて、ユダヤ教徒の白人を虐殺する。

広告

理由

 理由:キリスト教の白人はユダヤ教徒の白人を適切に管理・統治できないので、ユダヤ教徒の白人が自己の社会を形成できないのに台頭する。

 キリスト教の白人はユダヤ教徒の白人を適切に管理・統治できない。そのため、彼らは問題を引き起こすユダヤ教徒の白人も統治できない。その結果、キリスト教の白人のキリスト教社会はユダヤ教徒の白人によっていつも破壊させられる。

ユダヤ教徒の白人の性質

 ユダヤ教徒の白人は学術や商業に非常に長けている。しかし、彼らは社会の形成や国家に関係すること、管理や統治を非常に苦手とする。そのため、彼らが社会形成に参加する時、彼らはキリスト教の白人のキリスト教社会を破壊する方向に運動する。

なぜなら、彼らは国家の指導者にあまり向いていない。これは神道の大和民族が国家運営を苦手としてることに似ている。結局のところ、彼らは仏教や儒教の力を借りないと、社会形成や国家の形成を実行できない。

当然、神道の大和民族も学術や商売を担うことができる。ユダヤ教徒の白人の場合、彼らは社会の形成を苦手としているのに、白人的なアスペ(鉄オタ)の性質を持つので、二重の意味で社会形成を苦手とする。ユダヤ教徒の白人を見ると、彼らはキリスト教白人のソサエティそれ自体に不適合を起こしているように見える。

キリスト教の白人の性質

 キリスト教の白人は非常に高い戦闘能力と軍事能力を持つ。だから、彼らは敵を倒すことを非常に得意とする。けれども、彼らはユダヤ教徒の白人も含めて長い間未開であってきた。

だから、彼らは自己の民を管理・統治することを非常に苦手とする(管理や統治の欠如は未開の証拠)。その結果、キリスト教の白人は自己の民である商人や富裕層もうまく管理・統治できない。キリスト教徒の白人の場合、たとえキリスト教徒の白人がキリスト教徒の富裕層を管理できなくても、宗教的には問題ない。

けれども、ユダヤ教徒の白人の場合、宗教的な違いが存在して、宗教的な対立がキリスト教徒の白人との間に生じる。さらに、ユダヤ教徒の白人は富裕であり、彼らは富裕層として強大な権力を持つ。当然、キリスト教徒の白人は自己の民を管理できないので、ユダヤ教徒の白人を攻撃して戦争に勝つことはできるが、ユダヤ教徒の白人を適切に管理・統治することができない。

類似例

 白人の長所は攻撃能力の高さやテクノロジーである。白人の弱点は管理やソサエティの形成である。特に、白人は攻撃して滅せない対象を非常に苦手とする。

例えば、その代表例はホモ・サピエンスの雌である。ホモ・サピエンスは雄と雌の番として生活してきた。だから、たとえ雌に問題が生じるとしても、ホモ・サピエンスの雄は雌を攻撃して、アメリカ先住民のように絶滅させることができない。

ここで要求されるのは雄による雌の管理や統治の問題である。もし白人がホモ・サピエンスの雌を適切に管理・統治できないならば、彼らの社会は滅亡するだろう。実際、ユダヤ教徒の白人がキリスト教社会を破壊するように、白人の雌は西洋文明それ自体を破壊するだろう。

基本的な流れ〜建国から虐殺まで〜

キリスト教徒の白人による建国

 キリスト教徒の白人が自己の社会や国家を彼ら自身で建国する。例えば、米国それ自体がキリスト教によって建国された。この時、ユダヤ教徒の白人はほとんど存在しないだろう。

建国者であるキリスト教徒の白人は社会の形成や国家の建設に関する富を独占する。初期の米国の富裕層の大部分はキリスト教徒の白人であったはずである。

その後、国家は人々を吸収していく。当然、その中にはユダヤ教徒の白人も存在して、米国に吸収される。この時点では、社会それ自体や国家それ自体が完全にキリスト教的であり、ユダヤ教徒の白人の影響はほぼゼロである。

ユダヤ教徒の白人の学術や経済で台頭

 キリスト教徒の白人による国家が安定した後、ユダヤ教徒の白人は学術や経済で台頭し始める。なぜなら、ユダヤ教徒の白人は東洋人に似ていて、彼らは勤勉でよく労働する。その結果、ユダヤ教徒の白人は学術や経済で富を蓄え始める。

しかし、ユダヤ教徒の白人の蓄財は社会形成に関する蓄財でなく、キリスト教の白人社会という運動競技の中での蓄財に似ている。西アフリカ人は白人が創造して管理する運動競技の中で高給を蓄財する。

キリスト教の白人社会が安定期に突入する時、ユダヤ教徒の白人(東洋人やインド人も)が経済的に台頭してくる。この時点で、米国や白人国家には、分裂や崩壊の暗雲が立ち込める。なぜなら、ユダヤ教徒の白人は社会を形成する能力も管理・統治する能力も持っていない。

虐殺の発生

 ユダヤ教徒の白人が経済的に台頭する時、ユダヤ教徒の白人はキリスト教の白人社会で大きな権力を持ち始める。なぜなら、キリスト教徒の白人は自己の民であるユダヤ教徒の白人を適切に管理・統治できない。例えば、ユダヤ教徒の白人はキリスト教徒の白人を黒人を使って攻撃したり、または有色人種の移民を米国へと打ち込もうとする。

キリスト教徒の白人は敵を破壊する異常に高い攻撃能力を持つ。しかし、白人は管理能力や統治能力を持たないので、彼らは生物的に、また法律的に、または宗教的に攻撃できない対象(白人の雌やユダヤ教徒の白人)を管理できない。そのため、キリスト教徒の白人は白人を攻撃するユダヤ教徒の白人や有色人を米国に入れてめちゃくちゃにするユダヤ教徒の白人すらまともに管理・統治できない。

当然、ユダヤ教徒の白人の行為は米国を完全に破壊するだろう。そして、キリスト教徒の白人はいつまでも我慢しない。つまり、キリスト教徒の白人はユダヤ教徒の白人を自己の民から分離させて、彼らを敵と断定する。この時、ユダヤ教徒の白人は虐殺される。キリスト教徒の白人は自己の民であるユダヤ教徒の白人を管理・統治する能力を持たないが、彼らは敵であるユダヤ教徒の白人を容易に虐殺する能力を持っている。