レペゼン地球のDJ社長(木元駿之介)と株主Hに関する問題

大和民族
https://twitter.com/DJ_Shacho_jp/photo
広告

 DJ社長から語られた解散の経緯

動画は解散以降、長らく更新されていなかったレペゼン地球のYouTubeチャンネルで公開。DJ社長さんによれば、「レペゼン地球」の商標権が自身の手元になく、グループ名が使えなくなったことで急遽解散する必要があったと、解散の経緯を告白した。原因は、会社で経理や権利関係を担当していたHさんとの関係悪化にあるとして、Hさんとは現在、曲の権利・給与問題を含めて裁判で係争中と説明。「Hさんにより会社の社長を降ろされた」とし、実際にHさんとされる人物との複数の会話も公開している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4fa0b7bcad84343beec8bd3146a46eab7c20e66d

 レペゼン地球のDJ社長(木元駿之介)と株主Hが金銭的、かつ契約的な問題を抱えた。俺が彼らの話を聞いた後、俺は大和民族の民族的な短所を発見した。以下では、俺は大和民族の短所を提示する。

本当のレペゼン地球 解散の経緯について
広告

契約の欠如

 契約の欠如:レペゼン地球のDJ社長(木元駿之介)と株主Hも契約それ自体を認識していないように見える。

 レペゼン地球のDJ社長(木元駿之介)と株主Hも契約それ自体を認識していないように見える。契約の欠如は大和民族だけでなく、東洋小人種全体の性質である。コーカサス人種の雄と異なり、彼らは契約それ自体を認識していない。

契約の欠如

 上記の動画では、DJ社長(木元駿之介)と株主Hは株式に関する約束(契約)を交わしたらしい。けれども、俺は彼らがどの宗教系統の契約概念を持って、その約束を交わしたのかすら知ることができない。当然、彼らは日本国憲法に沿って契約を交わしたのだろうが、彼らはキリスト教徒であるのだろうか?

DJ社長(木元駿之介)と株主Hは人種や宗教や文明が異なるとき、契約概念それ自体が異なることを認識していないように見える。株式に関する約束(契約)を交わす前に、DJ社長(木元駿之介)と株主Hは互いに宗教や契約観を確認したようには見えない。

俺はDJ社長(木元駿之介)と株主Hがどのような契約観を持って運動しているのかすら知ることができない。宗教が与える契約観無しに、約束を交わすとしても、DJ社長(木元駿之介)と株主Hが揉めるのは当然であるだろう。

契約の破棄

 大和民族は一度結んだ契約を彼らの事実や真理?で破棄しようとする。大和民族はもし彼らが事情を説明して、相手から納得や共感を獲得することができるならば、その時、彼らは契約を破棄して良いと感じているように見える。この種の性質は大和民族の学者や韓国、借りたお金を返さないフィリピン人にも観察される。

外部から見ると、彼らはごねたり、言い訳を延々と繰り返しているように見える。けれども、彼らの脳内では、彼らは彼ら自身は「真理」を主張していると感じているように見える。彼らは「なぜ俺らは真理を主張しているのに、相手は俺らの真理に従わないのか?なぜ俺らの説明に頷いたのに、共感したのに、納得したのに、借金を取り立てるのか!」と感じているように見える。

上記の動画が本当であれば、株主HはDJ社長との株の返却に関する契約?を果たさずに、何かと理由をつけて株を返さなかったらしい。株主Hは「木元はまだ未熟だから」や「今のタイミングで株を渡したら〜」と言ってDJ社長に株を返さなかったらしい。「木元はまだ未熟だから」や「今のタイミングで株を渡したら〜」という表現はDJ社長に納得や共感を暗に求めているように見える。

契約の変更

 大和民族は一度結んだ契約を彼らの事実や真理?で変更しようとする。俗にいう、ゴールポストが動く現象である。大和民族はもし彼らが事情を説明して、相手から納得や共感を獲得することができるならば、その時、彼らは契約を変更して良いと感じているように見える。この種の性質は大和民族の学者や韓国、借りたお金を返さないフィリピン人にも観察される。

上記の動画では、DJ社長はHとの株の返却に関する約束の提示に非常に驚いたように見える。なぜなら、その新たな約束は非常に非常識でった。けれども、DJ社長はHは株の返却に関する約束を文書としてきちんと残すべきであった。上記の動画によると、退職金4800万円と楽曲の権利及び権利の譲渡(よこせ)、経理に関する行為を訴えないと言う「新たな約束?」が提示された。

DJ社長とHは契約を結んだ後に、彼らはその契約を変更して新たな契約を結ぼうとする。しかし、DJ社長がHの新たな契約を拒否すると、Hは納得や共感を得ようとする。けれどもその行為が失敗すると、Hは「どれだけ迷惑かけてきたんやんていうねんてん!いうてみゴラあ!」と恫喝する。

 一般的に、大和民族はきちんとした契約を事前に結ばない。彼らは恩や情に訴えたりして、約束を無理やり変更しようとする。この種の恩や情が効かないとわかると、上記の関西人のように、怒鳴ったり、恫喝や脅迫を繰り返して、喚き散らす。彼らはまるで日本人警察官が自白を迫るように、契約を恫喝や脅迫で押し通そうとする。

管理の欠如

 管理の欠如:レペゼン地球のDJ社長(木元駿之介)と株主Hもお金の管理も人間の管理も危機の管理もできていない。

 レペゼン地球のDJ社長(木元駿之介)と株主Hもお金の管理も人間の管理も危機の管理もできていない。対象の管理には、宗教などの規範を与える何かが必要である。けれども、俺は彼らがどんな宗教を持っているのかすら知らない。

お金の管理

 DJ社長(木元駿之介)の動画では、DJ社長は株主Hに経理を任せていた。けれども、そのHは会社のお金を勝手に使い込んだと勘ぐっているように見える。Hは自分の息子に会社のお金を与えていた一方、自分たちは少ない給料で労働していた。

彼はHは公平な給料をDJ社長(木元駿之介)に払わなかったことを問題視している。もしDJ社長Hが自己の富の規範を持っていないならば、この種の金銭的な問題が生じるのは当然である。なぜなら、富を扱う規範が彼らの世界には存在しない。大和民族の大学教員と同じで、お金の管理を全くできない。

お金の管理ができないのはDJ社長だけでなく、H側にも問題があるように見える。Hもまた富の規範を持っていないので、おそらく、会社のお金を私的に使い込んでしまった。自己の富の規範を持っていない同士がお金のやり取りをすればこうなるのは当然である。

人間の管理

 加えて、DJ社長もHも会社システムにおける人間をそもそも管理できていない。DJ社長はHが経理も担い、お金を不正に?使い込んでいたことを動画で話しているように見える。もしDJ社長が本当に社長であるならば、会社システムの統治者は彼であるので、経理の行為の責任は管理できなかったDJ社長にあるように見える。

俺は上記の動画を理解できなかったが、Hは会社システムの所有者であり、かつ経理であったように見える。DJ社長は会社システムの所有者、かつお金の管理者をどのように管理するつもりであったのかが不思議である。俺はDJ社長が何を管理していたのかすら理解できない。

人間を管理できないのはDJ社長だけでなく、H側にも問題があるように見える。人間を管理するためには、言語や法律、契約やお金に関する規範が必要であるが、彼らはこれらのことに関して非常に無頓着であってきた。宗教もまた他者を管理や統治するために存在するだろう。

危機の管理

 DJ社長もHも危機を管理できなかった。動画を見ると、この種の問題が発生するのは時間の問題であると感じた。富の規範も契約の概念も持たずに、お金や株式のやり取りをすれば、当然、問題が生じるだろう。けれども、彼らは危機を彼ら自身で管理しようとしなかった。

なぜなら、DJ社長もHも次のように考えていた。たとえ深刻な問題が生じた後に、彼らが真理を主張したり、相手を正しく怒鳴ったりして、納得や共感を得られれば、問題が解決するだろうと。当然、その深刻な問題は解決しない。彼らは「俺らは真理や事実を主張して相手を批判したのに、相手はその真理に従わない(だから、相手が悪い)」と感じるように見える

今回の件でも、会社システムが株主Hによって所有されて、かつお金の管理までやってもらっていたならば、深刻な問題が生じるだろう。さらに、会社システムの統治者であるはずのDJ社長がお金の管理に関してきちんと監視していなかった。本来であれば、DJ社長やより信頼できる人々がお金の管理を彼自身ですべきであった。

 言い方が悪いが、問題が発生した後、怒鳴ったり真理を主張すれば、何とかなると感じているように見える(大阪大学の菊池誠のような学者にも多いタイプ)。だからこそ、彼らは危機管理や危機予防を本当に何もしない。彼らは正しい苦情を言おうとする。

個人的には、DJ社長もHもこうなることがどこかでわかっていたように見える。けれども、彼らは事情を説明して、相手に納得や共感してもらえれば、何とかなると感じた。だからこそ、彼らは危機を管理しようとしなかった。

選手と管理者

 選手と管理者:大和民族の群れでは、システムにおける単なる選手がシステムの管理者や統治者を凌駕すると感じられているように見える。

 大和民族の群れでは、システムにおける単なる選手がシステムの管理者や統治者を凌駕すると感じられているように見える。その群れでは、最も優秀な選手が最も偉くなるように見える。しかし、本来であれば、システムの創造主が最も偉く?、二番目にはシステムの所有者、三番目にはシステムの統治者(管理者)、最後に選手が偉い。

選手と管理者(統治者)及び所有者

 DJ社長の件では、DJ社長は単なる優秀な選手であった。だから、彼は自分を会社システムで最も偉いと感じたように見える。しかし、彼が統治能力を持たなかった一方、Hは統治能力を持っていた。

だから、Hはシステムの中ではより偉かったように見える。彼がDJ社長よりも会社の管理能力を持っていたの事実である。実際、DJ社長は会社システムの管理者や統治者でなかったように見える。だからこそ、彼は金銭的な問題が生じた後、彼はその問題に彼自身で何も対処できず、動画を公開して訴え出た。

DJ社長はお金も人間も会社システムそれ自体も彼自身では何もできなかった。にも関わらず、彼は自分は優秀な歌い手であるので、彼はシステムの中で最も偉いと誤認識した。その結果が今回の問題であるように見える。彼はシステムの中で最も偉い選手であった。

科学者や数学者と管理

 DJ社長は科学者体質や数学者体質であったように見える。科学者や数学者もまた管理能力を全く持っていない。だからこそ、彼らは宗教(富の規範、約束、性規範など)の必要性をいまいち理解していない。

DJ社長も科学者や数学者もシステムにおける選手としては非常に優秀である。けれども、彼らはお金の管理も人間の管理もできない。より正確には、DJ社長も学者も管理それ自体を認識できていない。だからこそ、彼らは富の規範も、法律も宗教も契約にも、そして善悪や言語にも興味がない。

例えば、大坂なおみは日本語をほとんど話さないが、彼らはその状態を何か変であると感じないらしい。普通に考えれば、君らは日本語を話さない人間をどうやって管理するつもりであるのだろうか?選手の概念しかなく、社会や管理の概念がないので、彼らはこの種の状態の奇妙さをおかしいと感じない。

先生と管理

 大和民族の群れでは、科学者や数学者、男優や女優、医者などの社会システムにおける運動選手が「先生」と呼ばれている。彼らは単なる優秀な選手であり、社会システムの形成者(創造主)、管理者や統治者でないことである。大和民族の科学者や数学者や医者は知的には優秀な運動選手であるが、彼らは「統治される側」である。

上記のDJ社長と同様に、日本国では、なぜか男優や女優が強くなる。その結果、誰も社会システムという運動競技(映画業界)や試合(映画)を作れなくなって、業界それ自体が衰退する。当然、男優や女優は運動競技(映画業界)や試合(映画)も管理も統治もできないので、映画業界がますます衰退する。

上記の件でも、DJ社長という選手が会社システムで偉いと感じられたように見える。当然、その選手はシステムの中で競技しかできないので、管理をやらせると上記の問題が生じる。問題が生じるとしても、彼らは管理能力を持っていないので、彼らは騒いだり、喚いたりするだけである。日本人の学者と同じである。

DJ社長は韓国ハーフ!母親韓国人で父親はすでに亡くなっていた!
元「レペゼン地球」で現在は「Candy Foxx」として活動するDJ社長の木元駿之介さん。 福岡県出身でばりばりの方言を喋ることから、日本人だと思われているDJ社長が、実は韓国とのハーフだという噂があります。 今回は元「 ...