たこさい(蛸西)〜自己の宗教や善悪(レッドカード)を隠して、かつ嫌がらせする関西人〜

言語
https://unsplash.com/photos/1OhuSZ2hchk
広告

 関西はヤクザ文化が根強いので、 一度敵と見做されるとずっと粘着される。無視はされずにずっと粘着されるのが関西の文化。

https://tamae.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1468148295/

 関西人てのは他人への嫌がらせが大好き。なんか人間として最低レベル 

https://tamae.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1468148295/

 電網世界を見ると、関西人は嫌がらせを他人に延々と繰り返す。しかし、彼らは自己の宗教や善悪を一切明らかにしていない。彼らは嫌いな人間を発見すると、彼らはその他人を監視して、延々と嫌がらせを繰り返す。

けれども、たとえ俺らが彼らに彼らの宗教は何であるのか、君の行為は君の宗教で善であるのかと質問するとしても、この種の関西人はまともに回答できない。なぜなら、彼らはその相手が嫌いだから、単に嫌がらせを繰り返している。この種の行為は知的能力や精神能力の発達が未熟である子供と同じである。

さらに悪いことに、彼らは相手が嫌がっているのを見て楽しんである。以下では、俺らはこの種の動物の処遇を提示する。正常な人間は自己の行為の善性を自己の宗教で正当化しようとする。けれども、関西人にはこの種の正当化行為は存在しない。

広告

命名〜たこさい〜

たこさい(蛸西)

 命名:たこさい(蛸西)とは、自己の善悪(レッドカード)を隠して、かつ嫌がらせする対象である。

 蛸西とは、自己の善悪(レッドカード)を隠して、かつ嫌がらせする対象である。ここでは、俺らは嫌がらせの対象を指定しなかった。また、俺らは嫌がらせを繰り返すという表現を使用しなかった。

具体例

 具体例:関西人はたこさいである。

 関西人はたこさいである。つまり、関西人は自己の善悪(レッドカード)を隠して、かつ嫌がらせする対象である。

具体的には、関西人は彼ら自身の宗教も善悪も明らかしないのに、彼らは彼らが嫌う電網世界の他者に延々と嫌がらせを繰り返す。俺らがこの種の関西人を見ると、俺らは彼らは彼らの行為の善性を彼らの宗教でどのように正当化するのかと疑問に思う。関西人はまるで子供や小学生が好むいじめを電網世界という公的な場所で繰り返しているように見える。

たとえ俺らが関西人に「君の嫌がらせ行為は君の宗教では善であるのか」と尋ねるとしても、この種の関西人は「だって、xが〜と言っていたんだもん」とまるで子供のように返答する。またはこの種の関西人は「だって、xが差別主義者であったんだもん」とキリスト教徒の白人のキリスト教的な単語を悪用して、彼らによる嫌がらせに対する納得や共感を暗に求めようとする。

言語
広告
広告
押せ
押せ
広告
俺らについて